Uターン転職で後悔したくない!成功させるポイントとは

Uターン転職について知識を得たい方、「将来は…」と思っている方にどこよりも分かりやすく丁寧に「Uターン転職の全て」を紹介します。Uターン転職成功の秘訣は、家族との話し合いや事前の情報収集により不安や疑問を少しでも解消することです。

Uターン転職で後悔したくない!成功させるポイントとは

Uターン転職とは?メリット・デメリットと成功の秘訣

Uターン転職とは、地方の出身者が地方または都会の学校を卒業して、都心で就職した後に退職して地元で再就職することを言います。Uターン転職のほかには、都会から地方に転職する「Iターン転職」や、地元から都心へ移住後に就職し、地元に近い都市に移り住んで就職する「Jターン転職」などもあります。

転職者の話を耳にしたり、テレビでも転職サイトのCMを見る機会が増えている中、Uターン転職する人も年々増加傾向にあります。転職する理由は「高齢の両親の面倒を見なければならなくなった」「都会の生活に疲れ地元で働きたくなった」など切羽詰まったものから、「自然に囲まれてゆっくり生活したい」「生まれ育った地元に恩返しをしたい」など前向きな動機の方など様々です。

ここでは、現在Uターン転職を考えている人、「将来はUターン転職もいいな」と思っている人など、Uターン転職に興味がある人に向けてUターン転職の実情とノウハウについて詳しくお伝えします。

150619_careerchange-timing2
転職のタイミングを見極める7つの要素

近年のUターン転職者の動向

キャリーバッグを引いて交錯する人々

中小企業庁の調査によると、転職経験者は就業経験者の44.8%と半数近くを占めており、転職者に占めるUJターン経験者の割合は14.5%と、年々増加傾向にあります(注1)。

また、独立行政法人労働政策研究・研修機構が2016年6月に発表した「UIJ ターンの促進・支援と地方の活性化」では、地方出身者のUターン移動のきっかけで「Uターン転職」の占める割合は16%で3位という結果が出ています(注2)。なお、1位は就職で30.4%、2位が退職の19%となり、Uターン転職した人の年齢は24才から32才が大半を占めます。

Uターン転職やIターン転職が増えている理由として、情報の流れが整備されたことで地方に支店を置く企業が増加し、全国各地に仕事ができる環境が整い始めている背景や、地方自治体による転職活動の支援が充実してきたことが挙げられます。

Uターン転職はどんな人に向いている?

Uターン転職を検討する場合、以下に当てはまる方であれば後悔しない可能性が高いでしょう。

Uターン転職に向いている人

  • 地元愛が強く地元に戻りたいという意志がある
  • 自然に囲まれた生活に憧れる
  • 地元に希望する仕事がある
  • 自然あふれる環境で子育てをしたい
  • 地元特有の近所付き合いが嫌ではない
  • 実家に帰らないと親の介護ができない
  • 車での移動が苦にならない

Uターン転職を決意し地方で働く場合、年収が下がる可能性は低くありません。Uターン転職はそんな条件でも収入以外の面で満足できる人に合っています。

Uターン転職を希望する理由あれこれ

Uターン転職を希望する人にはそれぞれの理由があり、この理由が明確な場合はUターンの決意も強くなります。そんなUターン転職経験者の転職する具体的な理由としては、以下のようなことが挙げられます。

緑を背景に地方都市で仕事する男性

Uターン転職を考える理由

  • 自然に囲まれた環境で家族と生活したい
  • お世話になった地元に恩返しをしたい
  • ストレスのない状態で通勤したい(満員電車や渋滞のない環境)
  • 友人が多くいる地元でゆっくり、のんびり生活したい
  • 都会では自分の家が持てないので土地が安い田舎で家を建てたい
  • 実家に帰って両親の面倒を見たい

Uターン転職で失敗する事例が多いのも事実

不採用の書類を持って頭を抱える男性

近年、Uターン転職は増加傾向にあり、Uターン転職希望者に優遇措置を用意している地方の企業や自治体もあります。しかしその一方で、希望する仕事に就けなかったり収入が減ってしまうなど、Uターン転職に失敗する人がいることもいるというのが実情です。

地元に帰るとなると、実家があるため一時的な生活拠点は確保できるものの、目的を持たずにUターン転職した結果、田舎での退屈な生活に疲弊してしまったり、退職後に仕事を探そうと考え地元に帰ったところ希望する求人が全くなかったなど、Uターン転職後に失敗してしまうケースもやはり少なくありません。

また、年収が下がったことで予想以上に生活が苦しくなる、家族帯同でUターン転職し、いざ地方で暮らし始めたら不満が出るなど、仕事面だけではなく生活面においても後悔してしまう場合もあります。

150605_careerchange-failure2
転職を失敗した人のケース別アドバイス

Uターン転職のメリットとデメリット

良いところと悪いところの両面を理解することがUターン転職の成功につながります。Uターン転職をしたいと考えたら、自分がUターン転職をした場合のメリット・デメリットをいま一度整理してみることが大切です。

Uターン転職のメリット

  • 自然に囲まれゆとりのある生活ができる
  • 生まれ育った地で友人も多くストレスを感じない
  • 物価が安く土地も安い
  • 通勤ラッシュや交通渋滞がないので、通勤のストレスが少ない
  • 両親の近くで暮らせる
  • 地方自治体の支援を受けられる

Uターン転職のデメリット

  • 希望する求人が少ない
  • 年収が下がる
  • 車での通勤が必要になる
  • 地方特有の近所付き合いが面倒に感じることもある

Uターン転職をするにあたり、これらのデメリットを全てクリアするというのはなかなか難しいところではありますが、こちらは転職時の情報収集によってカバーできる部分も多いことがわかります。

Uターン転職活動を成功させるポイントとは?

Uターン転職の意志が固まったらゴールをめざして進むのみですが、その前にUターン転職を成功させるポイントを確認しましょう。

1 Uターン転職の目的の明確化と家族との話し合い

恋人と話し合うビジネスマン

まずはUターン転職する本人の目的を明確にしておくことが重要です。そして、転職して何をしたいか目標を立て、転職活動の計画やスケジュールも具体的に練っておく必要があります。
また、家族の絆なしにはUターン転職の成功は望めません。充分な説明をして話し合いを重ね、家族全員で同じベクトルに合わせましょう。

2 転職する理由はポジティブに

転職の理由は「会社を辞めたい」「今の会社から逃避したい」などネガティブな理由では決して成功しません。「地元に貢献したい」など、ポジティブな動機が沸き起こったときというのが時にUターン転職するには絶好のタイミングになります。考えすぎるということはありません。人生の大事なターニングポイントになりますので、熟考して意志を固めましょう。

3 信頼できる仕事を探す

意志が固まったらいよいよ仕事探しです。自分で気に入った会社に直接交渉する方法もありますが、ハローワークや転職紹介サイトなどを通して希望する会社を探しましょう。転職紹介サイトの口コミなどを参考に、慎重にチェックしていきましょう。

また、地元の友人や知人に連絡して、転職を希望する会社の実態や地域の最新情報などを相談することも大切です。地方でも少しずつ進化しており、あなたが暮らしていたころとは大きく変わっています。最新の情報をしっかりと把握し、安心してUターンできるようにしましょう。

Uターン転職での仕事の探し方あれこれ

  • ハローワークや地元の求人情報を掲載している求人サイトで探す
  • 地元の友人知人に依頼する
  • 地元に拠点を置いた転職エージェントに登録する
  • 地元の自治体のUターン転職者支援情報を調べる

4 地方自治体の支援を活用する

地方自治体のUターン支援を受ける

全国の地方自治体には、Uターン転職者に支援施策を実施している自治体もあります。この制度を有効に使うことも視野に入れましょう。支援施策には引っ越し費用の補助や子育て支援、住居の確保といった内容があります。支援の内容に関する詳細は各自治体に確認しましょう。

150608_careerchange_success2
転職成功の秘訣と良い職場に就くための心構え

Uターン転職を成功させるには事前準備が不可欠

Uターン転職を希望する人には様々な事情があり理由もあります。Uターン転職を決意した全ての人に成功してほしいものです。
あなたのUターン転職の理由は何ですか?「仕方がなく…」では成功しません。前向きな理由を掲げてスタートしましょう。転職することが目標ではなく、Uターン転職して何をするのかが最終目標です。この目標を掲げることで、地元での仕事や生活にも意義が生まれます。これからお世話になる地元への愛を深め、地元のことを一番に考えて行動するように心掛けてください。

自分自身のUターン転職後のあるべき姿を描いて、それに向かって明るく楽しく前向きに取り組んでいけば、Uターン転職の成功への道は拓けていくことでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ