学生ボランティアのおすすめ活動4選

学生生活をバイトに明け暮れて終わらせるつもりですか?また、学生時代にしかできないことに挑戦したい、時間を持て余して物足りなさを感じているという人におすすめなのが「学生ボランティア」です。新しい人とのつがなりや経験ができるなど、社会人としての成長に確実につながります。

学生ボランティアのおすすめ活動4選

学生ボランティアで社会とつながる!就職にも役立つボランティア活動4つ

学生生活を満喫中の大学生の皆さん!飲み会やサークル、アルバイトに明け暮れてはいませんか?人生で一番自由で充実した時間ともいえる学生時代は、確かに楽しんだ者勝ちです。でも、そんな時だからこそ楽しいことばかりでなく、将来を見据えた「何か」にチャレンジしてみたいと感じている人は多いのではないでしょうか?

そんな何かをお探し中のみなさんにおすすめなのが「学生ボランティア」です。学生ボランティアは、自分のためではなく誰かのための活動を通して、自分の成長や可能性を広げてくれるので、必ず今後の就職活動の大きな支えとなってくれるでしょう。

「ボランティアってお金がかかりそう・・・」「怪しい団体に騙されそうで怖い」と感じている学生のみなさんでも、安心して活動できる4つの学生ボランティアを紹介します。社会貢献や世界平和などの大きな志がある人から、できることからコツコツと始めたい人にまで参考になるはずです。

1.住みよい町づくりに貢献する地域ボランティア

一番身近な学生ボランティアといえるのが、住んでいる町のために活動する「地域ボランティア」です。地元の人たちと交流しながら、その町を元気にするお手伝いをします。

公園で遊ぶ地域の子供

活動内容は、

  • 町の清掃や花壇の整備などの環境美化
  • イベント・お祭り・スポーツなどの文化活動
  • 地域の高齢者の方や子供たちとの交流会

のように、地域によって様々です。

地域ボランティアの魅力

地域のために働く一番の魅力といえば、やはり学校やアルバイト以外の人と交流ができることです。小さな子供から、商店の店主、お年寄り、他のボランティアなど、様々な年齢層の人たちと触れ合うことができます。

地域ボランティアのメリット

住んでいる地域に積極的に溶け込むことで地域の方たちと仲良くなって、もっとその地域を好きになるはず。また、地域の良さを積極的にアピールすることで、情報発信力が身に付くでしょう。即戦力として町づくりの力強い存在となることから、地元で公務員を目指す大学生は要チェックです。

2.小学生から高校生を対象とした学習支援ボランティア

学習支援ボランティアは、勉強が苦手な小学生から中学生、学校を中退しようか悩んでいる高校生たちに勉強をサポートするボランティアです。一人一人に合った教育プログラムを考えながら教えていく経験は、他ではできない貴重なものです。

芝生の公園で何かを見つけた子供

学習支援ボランティアの魅力

子供たちにとって一番身近な大人、それが大学生です。ただ勉強を教えるだけでなく人生の先輩として接することで、お互いに成長し合うことができるでしょう。将来、教育現場で働きたい人にとって実践を積める貴重な場になるはずです。

学習支援ボランティアのメリット

高校や大学受験した経験を活かすことができます。特に勉強に苦労した人は、過去に自分が成功した勉強法やノウハウが、勉強に悩む後輩たちのサポートに役立つでしょう。さらに、教えている子供達が勉強を好きになった、成績が上がったなどの達成感を得ることができます。

3.被災地支援ボランティア

自然災害が世界中で起こっている昨今、ニュースや新聞で被災地の様子を知るよりも自分の目で確かめたい、自分にできることなら何でもしたい、という行動派は被災地支援ボランティアに参加してみてはいかがでしょう。

被災地のお祭り風景

災害が起こって数年が経っても、被災地では沢山の支援を必要としています。被災者の方のための生活支援・環境整備・コミュニケーション活動も大切なボランティア活動のひとつです。人によってできることは違いますが、どんなに簡単でつまらなく見えるボランティアでも、現地に足を運ぶことが被災地にとっての大きな支えや勇気につながります。

被災地支援ボランティアのメリット

社会に出ると、人よりも優れた発想力や行動力が求められる機会がふえてきます。被災地支援ボランティアに参加することで、自信やバイタリティなどを身に付ければ、就職活動に必要なスキルが得られるはずです。

被災地支援ボランティアの注意点

被災地では、ボランティアのために食べ物や寝る場所が用意されている訳ではありません。自分の食糧や寝床の用意もせずに観光気分で行ってしまうと、逆に迷惑がられてしまいます。まずは行動する前に、現地の状況やニーズ、ボランティアに求められることを把握しておくことが大切です。

150515_no_work2
やりたい仕事がない人の適職の探し方

4.国際協力NGOでのボランティア

将来は国際的な仕事に就きたい学生さんにお勧めなのが、発展途上国などを支援する国際協力NGOのボランティアです。NGOと言われてもよく分からないという人が多いことから、NPOとは何かをいうことをしっかり理解した上で、検討を進めることが大切です。

海外ボランティアの風景

NGOとは?

NGOは民間団体(非政府組織)によって作られる組織で、日本では「国際協力に関わる組織」として使うことが多いようです。発展途上国を支援する「国際協力NGO」のほかに、環境保護に取り組む「環境NGO」、人権保護に取り組む「人権NGO」、平和活動に関わるNGOなどがあります。

国際協力NGOボランティアの魅力

実際に海外に行って学生ボランティアとして活動するのは、経済面でも学業の面でも現実的には難しいでしょう。ところが、国際協力NGOのボランティアなら、海外までわざわざ出かけなくても、NGOの仕事を学びながらサポートできるボランティアとして参加することが可能です。多くの団体が短期でインターンを募集しているほか、「資金調達のサポート」「データ集計」「イベントのお手伝い」「事務業務」など仕事はいろいろあるので、それぞれの生活スタイルに合わせて参加することができます。

国際協力NGOボランティアのメリット

NGOの運営ボランティアの最大の魅力は、日本にいながらにしてNGO団体の活動に触れられることです。海外のボランティアを経験したいけれど、卒業を棒に振ってまで海外に飛び出し余裕がない人にはピッタリのボランティアだといえます。

150410_iwork_abroad2
海外で働く方法と海外勤務のメリットとデメリット

成功の秘訣は自分に合ったボランティアを見つけること!

学生ボランティアは最初から高望みをせずに、自分の生活スタイルや性格に合ったものを選ぶことが、学生生活とボランティア活動の両立を成功させる秘訣です。充実した生活はもちろんのこと、自分の中に新しい一面を発見することができるなど、学生ボランティは将来の有効な道標になることでしょう。

「大学生活は楽しいけど何か物足りない」「就職に役立つようなことを始めてみたい」と思っている学生さんは、身近にあるボランティアを探してみてはいかがですか?きっと、今までの生活では気付かなかった新しい出会いや可能性を、学生ボランティアを通して発見することができるはずです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ