就活の質問・逆質問で面接官に熱意を伝える自己アピール方法

就活の質問はいかに面接官の意図に沿うものか、逆質問は熱意を兼ねた自己アピールができるかが重要です。企業が開催する合同説明会でも効果的な質問や電話面接での質問、面接後のお礼メールの書き方なども解説します。就活で最重要項目である面接の質問を自己アピールに繋げ内定をゲットする方法です!

就活の質問・逆質問で面接官に熱意を伝える自己アピール方法

就活面接の質問・逆質問の意図は?内定をとるための質問攻略

採用試験の最後に聞かれる面接官からの

「何か質問はありますか?」

緊張をしている中で最後にこのようなことを言われても頭が働かないと思いますが、実はこれは自分をアピールするチャンスなのです。
もちろん、疑問に思った事があった場合は聞くのは当然です。
質問がないようであれば

「十分にお聞きすることができましたので、とくにありません」

などと一言付け加えると印象が全く違くなります。

就活で避けて通れない面接官からの質問と逆質問、内定をとるために効果的な質問をするための例文を紹介します!

就活の場で面接官に質問する意味

やる気のある就活生に高評価を与える人事

どの面接の場面でも最後の質問として「なにか質問はありますか?」の問いかけがあります。
「特にありません」で終わらせずに最後のアピールの場として有効活用し、熱意と入社意欲を伝えて他の就活生と差別化を図るチャンスと思いましょう。

やる気や熱意を見せる為の逆質問

・「志望している部署の仕事内容を簡単に教えて下さい。」
・「入社できたら、入社までに勉強をしておくことがありましたら教えて下さい。」

自発的なアピールが出来るということは、入社後の活躍をイメージしやすいということです。まだ働いていない自分の良さをわかってもらうためには面接での態度や受け答えが重要になります。

忘れてはいけないのは、どんなに良い質問を投げかけてもその後の返答に対する適切なリアクションを忘れないでください。
質問には必ず意図があるはずです。なので「そうですか」の一言で終わりにするのはもったいないです。「そうですか。大変よくわかりました。ありがとうございました。」など自分の感想をお礼とともに伝えられた方がより好感を与えられます

説明会の場で積極的にアピール

履歴書を熱意とともに渡す就活生

就職活動の時期になると企業が集まって積極的に説明会を開催していて、これを「合同説明会(合説)」「合同会社説明会」などと言います。

説明会なんて行っても内定を貰える保証があるわけでもない!など、安易に考えてしまう人もいるようですが、それは大間違いです。
説明会にて企業の担当者が話をすることは就活生に知っておいてほしいことなのです。それを知って面接に挑むかどうかで、効果的なアピールに繋がる可能性があるのです。
会社側からの説明はもちろん、自分から会社担当者に質問を投げかけることもできるため面接と同様に事前の下調べも必要です。
説明会でのおよその流れを把握しておけば、どのタイミングで質問や疑問を投げかければよいのかがわかってくるでしょう。

基本的な合同説明会の流れ

  1. 担当者挨拶、会社説明のビデオ
  2. 会社の求める人材など採用にかかわる説明
  3. 業務内容の紹介
  4. 質疑応答

どの企業もこのような流れです。
説明会から就活はスタートしていることを認識して参加しましょう。会社説明会や合同説明会は、そこから企業の選考が開始されていることになります。
ですが、あくまで説明会なので参加者は面接のように選び抜かれた人材ではなく、不特定多数の人が集まります。担当者の印象に残るのは鋭い質問をした人や容姿やマナーが良い人などなんらかの特徴がある人です。

好印象になる質問例としては、その企業にて働けた場合の将来像などで自己アピールも兼ねて質問すると印象に残りやすいです。

・例)〇〇学部に所属しておりますが、配属先としてはどのようなところになるのでしょうか。
・例)御社が募集している部所の具体的な仕事内容をお教えていただけますでしょうか。
・例)御社に必要なスキルやスキルアップの為に必要な能力は何かありますか。

このような質問例を参考に自分のスキルとのマッチングを探して質問できると他の参加者とひと味違う質問になります。よく聞き、決して的外れな質問や、印象付けるために何回も説教的に質問するのは逆効果なので避けましょう。

面接で面接官に好印象を与える逆質問例

集団面接に緊張する就活生

面接官に与えられる質問例を集めてみました。
ただ単に、純粋な気持ちで聞きたいと思った事を聞くだけでは面接時の質問としては、自己アピールに繋がらずオススメできません。

・例)仕事をする上で最も大切にすべきことは何ですか?
仕事に対する前向きな考えのアピールになります。
・例)今後どのようなスキルを身につければ、今後の仕事に役立ちますか?
仕事への強い意気込みを感じられます。
・例)今回の応募者に一番求めていることは何ですか?
担当者に前向きさをアピールできます。
・例)面接官の方々が仕事をしていて嬉しかったことを教えて頂けませんでしょうか?
弊社で働くことの喜びを知ろうとするやる気のある気持ちが伝わります。

150819_reverse-interview-question2
好印象を与える面接の逆質問と具体例

電話面接の注意点は?好印象をアピールする方法

電話面接の連絡を待つ就活生

一時面接は面談形式ではなく、電話面接ということもあります。
電話面接の時間は1時間程度と言われています。
電話面接を受ける際は必ず電波状況の良い所を確保しましょう。電波状態で会話が聞き取りにくいや、途中で会話が途切れてしまうことは絶対に避けなければいけません。もちろん、途中にキャッチが入るのもタブーです。
顔の見えない電話面接なので、表情がわからない分、対面面接よりアピールし難いケースが多いです。

電話面接の注意点

・ハッキリした発音をする。
・できるだけ早く答える。
・「ま~」「え~」などが話初めに出てしまう口癖には気をつける。
・語尾までハッキリと喋る。

電話面接では通常の面接の時よりも要領をまとめて短く答えるのがコツになります。
結論を先に述べてしまい、その後に根拠を付け足すくらいで簡単に短く回答できると対応してくれる面接官に好印象を与えられます。
電話面接の良いところは、目の前に面接官がいるわけではないので、十分に下調べをしていればカンペを用意しておけるのでどんな質問がきてもあたふたすることがないことです。
電話での質問も対面面接の質問も自己アピールができ熱意が感じられる質問をすることが好印象を与えるためのポイントです。

150824_interview-passrate2
最終面接の合格率と内定を取る方法

採用面接の後はメールでお礼!印象に残るアピール

メールで送る面接のお礼状に使う文面

面接後はお礼という形で面接官メールを送るのも効果的です。これは、お礼状とも呼ばれるもので近年ではメールでのお礼をするのが殆どです。
お礼メールをするかどうかは本人の気持ち次第ですが、採用の合否にはあまり関係はありません。
ですが、少しでも面接官へ好印象を与えればもしかすると、辞退がでたときの繰り上げ採用者リストに残れる場合もあるかもしれません。少しの可能性でも丁寧に対応するのが内定をより多く貰うために必要な事です。

150529_interview_thankyou2
面接のお礼状の書き方マナー

その他就活の質問について調べた参考例

合同説明会で的確な質問をする就活生

面接はどこの会社でも共通する大まかな流れというものがあります。どの企業も仕事があるので長い時間を面接に費やすことはできませんよね。
面接で聞かれる質問も、事前に内容をリサーチしておくことでパニックになるのを防ぐことができます。自分への質問だけではなく、企業についての下調べもしておくと具体的な逆質問ができ、採用担当者へのアピールへと繋がります

・例)私は特技に○○があります。△△の分野で活かせるかと思うのですが、実際としては使えるのでしょうか?
・例)御社で今力を入れておられる〇〇プロジェクトに非常に興味があるのですが、もし内定をいただけたら参加させて頂くことは可能なのでしょうか?

このように自分を売り込む姿勢も大事です。

・例)私は御社を色々とリサーチいたしまして、〇〇のようなイメージをもって面接を受けさせていただいておりますが、実際はいかがでしょうか?

社風を聞いて自分に合うかどうかの確認も良いでしょう。
注意点として企業のホームページに紹介されていることを質問しないようにすることです。面接官は「この人は会社にことを何も見ていないな」と思われると印象を悪くする可能性があるからです。

・例)御社は今後どのように事業の拡大を考えているのでしょうか?

未来についての質問も、企業のホームページや会社案内などでは紹介していないことであれば好印象を与えられます。

このような熱意や自己アピールを兼ねた質問で、ライバルとの違いをつけることができたら面接官への印象アップは間違いありませんよ!

面接官からの質問、面接官への逆質問は事前準備が重要

就職活動は今後の人生を左右する大切なターニングポイントです。せっかく面接までこぎつけたのであれば、本命でも本命でなくても事前リサーチをしっかりとして、「必ず内定をとる!」という覚悟で臨みましょう。

インターネット上には様々な面接官からの質問、逆質問の例があります。それらの例を参考に自分なりの質問に組み替えるとオリジナリティのある熱意のある質問が出来上がります。面接官に「また同じ質問か…」と思われないように面接前にはじっくり質問の対策を、そして面接官の印象に残る的確な逆質問を考えてみましょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ