就活の志望動機の重要さと好印象な答え方

志望動機は就活において必ず必要な項目です。しかしどういう風に考えればいいか分からない人も多いはず。そこで志望動機とはどういうものでどう答えればいいのかをご紹介します。ポイントは企業に「一緒に働きたい」と思わせること。ポイントを抑え明確に話す事が内定の近道となります。

就活の志望動機の重要さと好印象な答え方

就活において志望動機が採用を左右する!?

これから就活される方も、既に始めている方も悩まれるのが「志望動機」です。志望動機を考えようとするとなかなか言葉が浮かんできませんよね?その会社に本当に入りたい!働きたい!という会社があれば浮かぶと思います。では、そうでない会社の場合はどうするか?

「企業理念に共感しました」、「将来性がある会社だと思いました」などと上辺だけで説明しても面接官は「上辺だけだな」と気付きます。志望動機を考える上で、考え方そのものを変えないと会社にとって良い志望動機にはなりません。ではどのようにして志望動機を考えればいいのか、ご紹介します!

志望動機を考える上で重要な2つのポイント

重要なことを考えている女性

志望動機は採用する上で重要な項目になっています。志望動機がしっかりしていれば採用される可能性も高くなるということです。では、どのようにして考えればいいのか?重要な2つのポイントを頭に入れて考えてみましょう。

なぜ貴社でなければダメなのかを伝える

志望動機を書く上で一番陥りやすいのが、「それ、うちの会社じゃなくてもいいよね?」と思われてしまうこと。業界を志望する理由はうまく説明できても、なぜそれが貴社なのかという説明が出来なければ採用は難しいです。なぜなら、企業が採用したい人物は、「働きたいという強い意思がある人に来てもらいたい」と思っているからです。

志望動機を考えている就活中の女性

この業界で働きたいという人と、この業界の貴社で働きたいという人、どちらを採用するかは一目瞭然です。では、実際にどのように書けばいいかという問題ですが簡単に言うと「業界→職種→貴社」という流れで説明していきましょう。

どういうことかと言うと、まず初めに、「なぜこの業界で働きたいと思ったか」を説明します。次に「なぜこの業界のこの職種で働きたいと思ったか」を説明します。最後に「この業界でこの職種なら貴社で働きたい」という説明をします。

就活の志望動機例文

【業界の理由】
私はアパレル業界に絞って就活を行っています。理由は学生時代のアルバイトの経験が大きいです。接客でお客様が試着室から出てくると、先程とは全然違う顔をしていました。試着した服を気に入ってくださり、とても明るい表情をしていました。自分では気づかなかったのですが、洋服ひとつでこんなにも人を変えられることに驚き、そしてやりがいのあるこの業界で働きたいと思いました。

【職種の理由】
お客様と直に接することが出来る販売の仕事を希望します。たくさんのお客様を接客するのは大変ですが、お客様の反応を直に受け止められるのは販売の仕事の魅力だと思います。

【貴社の理由】
アパレル業界の接客販売で勤めようと思った時に、自分の好きな服に囲まれて働きたいと思いました。また、研修制度や女性支援制度など他社にはない販売員の支援が貴社には多く、販売員を第一に考えている会社と言う印象を強く感じました。

このように順序立てて構成すると分かりやすくなります。最終的には「なぜ貴社なのか」というところになるのですが、ここの理由をしっかりと伝える為には情報が必要になります。

事前に業界の情報、貴社と他社の情報と違いについてはしっかりと確認しておきましょう。調べておかないと「それは他でもやっているよ」と言われてしまうかもしれません。

150617_motivationletter-example2
志望動機の例文を参考にした企業にアピールする書き方

入社後にやりたいことや目指したいことを伝える

志望動機では、「なぜ志望したのか」を答えればいいと思っている人も多いですが、それだけでは弱いです。そこからさらに伝えるべきポイントは「入社後にやりたいことや目指したいこと」を明確に話すことです。

内定をお願いしている女性

会社に入りたいという気持ちを伝えるには、「入りたい」だけではなく「入ってこんなことをやりたい!目指したい!」と伝えることが大事になります。そうすることであなたの熱意も伝わり、採用にまた一歩近づくのです。

就活の志望動機例文

私は貴社で営業という業務を通して新規開拓に携わっていきたいと考えています。モノが売れない時代ではありますが、売れる場所に売れるモノを提供するという考えをベースに持ち、消費者目線での意見を尊重し貴社の製品を世に広めていきたいと考えています。

やりたいこと・目指したいことを伝える際の注意点ですが、まず、そのやりたいことはその会社・職種で出来ることなのかということは前提として調べておきましょう。

調べる方法としてはHPの先輩社員のインタビューなどが意外と役に立ちます。会社のHPに載っているのですから、社内でも評価されている人物であることは容易に想像がつきます。仕事内容なども載っていることが多いのでチェックして損はありません。

150624_parttimejob-motivationletter2
アルバイトの志望動機の考え方と例文

褒めるだけではなく「一緒に働きたい」と思える志望動機を考える

志望動機を書けない・苦手な人に共通しているのがその会社を褒めて終わってしまうことです。「貴社のココに共感しました」、「貴社のココが素晴らしいと思いました」など。企業が雇いたい人物は会社のファンではありません。一緒に働きたいと思える人が必要なのです。そこに注意して志望動機を考えてみてください!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ