Loading

就活うつとは?症状チェックで就職活動を成功させる対策

就活うつが増えています。就活うつになりやすい人やそうした傾向の人は就活うつにならないための対策を講じる必要があります。就活うつは甘えなのか、自分の精神状態をチェックして就活うつにならないための対策、なってしまった時の対処法を紹介。就活うつを乗り越えて就職活動を成功させましょう!

就活うつとは?症状チェックで就職活動を成功させる対策

気づいたら就活うつだった…そんな就活うつにならないために必要なこと

鬱になる原因は様々あります。世界保健機構(WHO)の推計によると、日本における「軽度うつ」または「うつ病」の患者数は全人口の2~3%を占めていると言われています。また日本人は5人に1人が生涯で一度は抑うつ状態の期間を経験するという推計もあります。
ニュースに上がることも多く今や他人事ではない国民病とも言えるほど身近である「うつ病」。自分もうつの状態を体験したことがある、または今現在がそうかもと思っている人が多いのではないでしょうか。
現代人にとって最もなりやすい精神的な病気と言える「うつ病」ですが、この病気はどんなことがきっかけで罹患することが多いのでしょうか。

今回はうつを引き起こしやすい環境に焦点を当てて考えていきたいと思います。ではうつ病を引き起こしやすい環境とはどのようなものなのでしょうか。

意外と知らない就活うつ

就活うつを引き起こす要因

「就職」「転職」「栄転」「昇進・昇格」など大きく自分を取り巻く環境が変わってしまうこと、たとえそれが傍から見たらおめでたいような出来事であっても、うつ病を引き起こす要因になることがよくあります。「リストラ」「降格」「退職」などはよりうつになりやすいのは想像に容易いですね。今回は就職活動でうつになってしまう状態の「就活」うつがどのようなものなのか見ていきたいと思います。

皆さん、就活うつという言葉は聞いたことがあるかと思いますが、そもそもうつってどのようなものか知っていますか。うつについて知らなければ就活うつも理解できませんよね。うつについて理解することで、うつを引き起こす原因や就活うつについても理解できると思います。

そもそもうつってどんな症状が出るの?

ちょっと気分が落ち込むと「うつ病かもしれない」と思うかもしれませんが、気分が落ち込む抑うつ気分とうつ病は違います。うつ病の場合、気分の落ち込みが長期間続きます。また、その症状もかなり強いもので、時には「もう生きていたくない」と思うくらいになってしまいます。
集中力もなくなり、ちょっとした決断もできなくなってしまいます。さらに何に対してもやる気が出ず、何をしても楽しくなくなってしまいます。これらが精神的な症状として表れます。

うつ病の症状は精神的なものだけではありません。体にも症状が出ます。例えば、眠れない、食欲が無くなる、疲れがとれないというのが代表的な症状です。これらの症状がすでに出ている場合はうつ病である可能性が高いと言えるでしょう。

うつを引き起こす要因の一つは「大きな悲しみ」

うつを引き起こす外的な要因としてよく言われることは「大きな悲しみ」を伴う出来事があります。親や兄弟など身内の死、友人や親しい人の死、ペットの死、大切に思ってきた存在の喪失体験は心へのダメージが大きくうつを引き起こしやすい要因としてよく挙げられます。
ただ悲しみの出来事は時間と共に乗り越えられる人も多いことから一時的な「抑うつ状態」で終わるケースも多いのです。

しかしその悲しみからずっと抜け出せないままうつ病を患う方も多いのです。長期間の重いストレスは抗ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されたままの状態となり、脳の神経細胞が委縮してしまう可能性が示唆されています。
外的要因は多岐に渡り個人的なところもあるのですが。日本の現代サラリーマンはなんと50%の割合で程度の差はあれ何らかのうつ状態にあるという調査結果もあるようです

就活疲れが就活うつを引き起こす可能性がある

就活うつとは、就職活動に疲れてしまい、自分に自信がなくなり、うつ病のようになってしまう状態のことです。就職活動が終わればうつ状態ではなくなるケースが多いです。年々時期の早まってくる学生の就職活動。一生懸命勉強し成績も優秀、責任感があって義務感が強い人ほど就活うつになりやすいのです。

学生の方は就職活動で人生がほとんど決まると思いがちです。これが焦りや不安をもたらします。就活生が落ち込もむポイントは

  • ものすごい数のエントリーシートを書く為の「自己分析」
  • 全部に行かなくてはならないのかと思わされる「説明会」
  • 最終面接って何回目なの?と思わされるほどの「面接」
  • もうどこにも受からないのではないかという不安の嵐「内定前」

主にこの4つに絞られます。

「自己分析」で落ち込む人は、就活スタートによるプレッシャーそして自分を見つめ直したことで嫌なところばかりに目がいくことでやる気が欠如。この2つによるところが大きいです。「説明会」で落ち込みやすいのは他の就活生がすごく見えること。
服装も板につき、どこそこの説明会にはもう行ったか、エントリーシートはどれくらい出したなど自分はどんどん就活の波に乗り遅れてしまっているかのように思えて来るのです。自分はここまで活動的に出来ていない、こんな人たちと勝負しても勝てないのではないだろうかと不安になるものです。

就活うつになる人はどんな人?その症状

人事の話を真面目にメモする就活生

就活うつかもしれないと思っても病院に行くのは躊躇してしまいますよね。本当に就活うつなのかどうか簡単にでも確かめることができればと思うのは当然です。
もちろん、最終的には専門家の判断が必要ですが、今現在、就活うつの傾向があるのかどうかが分かれば、病院に行くことも含めて、その対策が考えられるでしょう。ここでは就活うつになりやすい人の特徴とその症状についてご紹介します。

就活うつになりやすい人の特徴

就活うつになりやすい人の特徴は、うつになりやすい人の特徴と同じです。真面目で責任感が強く、成績は優秀な人、一方でコミュニケーションが苦手な人が特になりやすいです。就職活動を真面目にやればやるほど、失敗した時に追い詰められてしまいます。
そしてどんどん自信をなくしてしまい、うつの症状が出てくるのです。近年、真面目で成績優秀でもコミュニケーションが苦手だと就職できないことが多く、そうした人たちが就活うつになってしまっているのでしょう。

この症状が出たらうつかも…就活うつの症状

症状としては原因が就職というだけでうつ病の症状で、前兆としては

  1. 特別なことをしたわけでもないのに疲れている
  2. 朝、布団から出ることが苦痛で体を起こすのがキツイと感じる
  3. 頭がぼーっとしていて霧がかかったような感じで物事を考えることが出来ない
  4. 自分から何かをしようと思わなくなった

このような症状はただの疲れだとの思いこみによって発見が遅れることが少なくありません。

就活うつは甘えなのか?近年の就活事情

面接する企業をタブレットで調べる就活生

就活うつについて話をしていると、必ず出てくるのが「それって甘えでしょ」という言葉です。自分たちが就職活動した時も就活はきつかったのだから、それでうつになるのはおかしいというわけです。ここでは就活うつが起こる近年の就活事情と就活うつは甘えなのかどうかについて説明します。

インターネットが就活うつに影響している

就活うつになる人は7人に1人だと言われています。前述した通り、就活うつになりやすい人には特徴があるのですが、それだけではありません。就活うつになる原因は当然ですが、近年の就活事情に関係しています。近年の就活事情に最も影響を与えたものと言えばインターネットでしょう

インターネットの登場によって、学生は多くの企業にエントリーすることが出来るようになりました。中には100社エントリーしたという人もいます。それだけ多くの学生がエントリーするわけですから、就職に失敗する人も多くいます。

連続して何社も落ちていれば自信もなくなりますよね。結果として、自信を無くし、就活うつになってしまうという人が多く出てしまうのです。

就活うつ=甘えというのは大きな間違い

そもそも甘えというのは何かというと、あきらめに近いものです。自分に甘えているとよく言いますが、これ以上やっても自分はできるようにならないと諦めているのです。
さて、就活うつは甘えなのでしょうか。前述したように就活うつになる人は真面目で責任感が強い人が多いのです。自分に甘えることができないから、うつになってしまうわけですよね。つまり、就活うつは甘えというのは大きな間違いだということでしょう

誰もがなる可能性のある就活うつの対処法

就活うつのカウンセリングを受ける就活生

就活うつにならないようにしていたとしても、就活うつになってしまうことはあります。就活うつになってしまったら、その症状に対処しなければ就活はおろか、人生そのものが台無しになってしまう可能性もあります。ここでは就活うつになった時にどう対処すれば良いのか紹介します。

専門家のいる病院に行く

就活うつになってしまったら病気と一緒ですから、専門家を訪ねるのが良いですよね。気分が落ち込み、体調も悪い日が続くようでしたら、一度精神科や心療内科を受診しましょう。そこで検査を受けて、しっかりと対処していくことで、症状を長引かせないことが出来ると思います。
確かにいきなり病院に行くのは気が引けるかもしれませんが、症状が悪化する前に行くようにしましょう。

就職エージェントに相談してみる

就活は長く辛い孤独な闘いです。しかし自分ひとりで戦うのは辛く、就活うつになる可能性は十分あります。そうした場合は、就職エージェントに相談することをお勧めします。たいていの学校であれば、キャリアセンターや就職支援センターがあるはずです。
まずはそうした頼れるところを利用してみましょう。また、外部の就職エージェントは、金額は高いかもしれませんが、内定獲得までサポートしてくれるところもあります。そうしたエージェントをうまく利用して、孤独な戦いを脱し、就職うつからも卒業しましょう

就職活動を一時的にやめる

就活を継続しているとうつ症状は治らないかもしれません。そんな時は思い切って就活を辞めてみるのも良いでしょう。確かに完全に就活を辞めてしまうのは勇気がいるかもしれません。しかし、体が悪くなってしまっては、例え就活できたとしても仕事を続けることは出来ないでしょう。
まずは自分の体をしっかり治し、その上でまた就活を再開しましょう。大学を卒業したらすぐに就職しなければならないわけではないと考えれば、少しは気持ちが楽になるかもしれませんよ。

150706_broken-heart2
心が折れるときにやる仕事疲れや就活疲れに効く5つの行動

就活うつにならないための対策

ストレス発散のためにジョギングをする就活生

就活うつになってしまったら、その症状を改善するための対処法を実践しなければなりませんが、そもそもうつにならないようにすることができれば、これほど良いことはありません。たとえ、就活うつになりやすい人でもしっかりと対策を講じていけば、就活うつになるのを防ぐこともできるでしょう。

十分な睡眠と適度な運動を心がけよう

就活をして失敗が続くと心と体が疲れてきますよね。そうした疲れをため込まないことが何よりも大事です。そのためには十分な睡眠は欠かせません。早く就職しようと思うと、夜も寝ずに就職について考えたり、エントリーシートを書いたりしがちですが、それが精神的な余裕を奪い、体を疲れさせる原因となり、結果として就活がうまくいかなくなります。こうした悪循環が就活うつに結びつくのです。睡眠は十分に取るようにしましょう。

また、適度な運動は必要です。運動をすることで脳も活性化し、ストレスも発散できます。落ち込んだ気持ちもリフレッシュできます。

就活で忙しい時ほど食事に気をつけよう

就活で追いつめられると食事がおろそかになることが多くなります。時には何も食べないでエントリーシートを書くこともありますよね。また、栄養が偏る食事をとることが増える人もいます。
就職活動が忙しい時期こそ、栄養をしっかりとれるように食事に気をつけましょう。しっかりと栄養を取ることで、脳も活性化し、就活うつも防ぐことができます

16009_jobhunting-tired2
就活で疲れた心と身体をリフレッシュさせる9つの方法

就活で疲弊しないように心に余裕を持ちましょう

就職活動をしていると周りには内定が出ているのに、自分には出ないとなると焦りますよね。こうした焦りが悪い方向へ向かっていき、就活うつになる人も出てきます。
就活に失敗したとしても就職がずっとできないわけではありませんし、あなた自身が否定されたわけでもありません。自分に自信を持って、自分に内定を出さない会社が悪いぐらいの気持ちで就職活動を頑張りましょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ