Loading

就活の成功は時計にあり!失敗しない腕時計の選び方

就活時に必須な時計ですが、どれを選べば良いか解らないという方が多いでしょう。メンズやレディースの違いや、革ベルトや文字盤など、どれが正しい腕時計なのかを掲載。就活を成功させるおすすめ腕時計選びを紹介します。

就活の成功は時計にあり!失敗しない腕時計の選び方

就活に腕時計が必須と言われるには理由がある

腕時計は就活に必須なのでしょうか。今は携帯電話やスマートフォンがある時代で腕時計なんて必要ないと考えている方は多いのではないでしょうか。腕時計は社会人としてのマナーだから、就活では携帯電話を見る事ができないから、このような理由も確かに当てはまりますが他にも重要な理由があります。

社会人のマナーを守れるという証明

腕時計は社会人のマナーと言うのは間違いありません。 そして面接官は腕時計のしていない人にあまり良い評価を与える事はないでしょう。

時間を確認する男性

それは何故かというと腕時計は社会人のマナーで、そのマナーさえ守れない人物だと思われてしまうからです。 そのような事でリスクを回避できるのならば腕時計をしない理由はないでしょう。

自分の管理能力を証明する腕時計

もう一つの理由として腕時計をしていない人は自分の時間管理ができない人と思われてしまいます。

自己管理に使われる砂時計

社会人として自分でスケジュール管理ができない人や時間の管理ができない人を採用したいと思うでしょうか。 面接官はこのような事を確認しているので就活には必ず腕時計をしていくようにしましょう。

150515_job_hunting-goods2
就活グッズは内定の決め手!企業に好印象な就職活動の必需品

就活の時に好印象を与える男性用腕時計の条件

腕時計は男性と女性でいくつか相違点があります。男性の腕時計は万人向けのシンプルな時計が好まれ、女性の腕時計の場合は、男性より比較的自由度が高いのが特徴です。

男性用のビジネス腕時計

では具体的にどのような時計が就活に向いているのかを男性の場合から見て行きましょう。

シンプルで時間の確認が容易なアナログ時計

文字盤が三針のシンプルな時計が好まれます。クロノメーターのような複数の文字盤が付いた時計でも問題ないのですがあまり派手なものは控えましょう。

また、針の数が多い腕時計の場合は、急いでいるときや慌てている時に見間違いする可能性がある為なるべくシンプルで見やすい針の時計をおすすめします。

丈夫でビジネススタイルにマッチするメタル素材

時計のベルト部分はメタル素材でビジネスにマッチするものを選びましょう。

革の素材は派手なものが多くビジネスの場ではあまり好まれません。また、メタル素材は耐久力もあるので夏場の就活時にも活躍してくれるでしょう。

派手すぎない文字盤の色を選択

腕時計の文字盤の色はスタンダードな白、黒、青が無難です。 腕時計のブランドのラインナップもこの3色がメインのところが多いので選択肢も広がります。

どれも人やシーンに左右されない色調なので自分の好きな色を選びましょう。

防水機能でハードな就活を乗り切る

できれば防水機能のついた腕時計を選択しましょう。この機能が付いているだけで腕時計の耐久性は段違いに高くなります。汗や汚れも水で洗えるので腕時計を清潔に保つ事ができます。

就活後のビジネスの場でも、プライベートでも役に立つ機能なので防水機能の付いた時計をおすすめします。

自由度がある女性が就活の時にする腕時計

女性の就活用の時計は男性に比べて比較的自由度が高いのが特徴です。

大きい時計を持った女性

基本的な時計の種類や系統などは男性と同じなのですが、文字盤やベルトの素材にはあまり拘る必要はありません。ビジネスの場にマッチしているのであれば装飾が付いていても問題ないでしょう。

革ベルトでも問題なし

腕時計のベルトの素材は男性と違い革素材のものでも大丈夫です。 しかし色はあまり派手なものは避けて、黒系や茶系などの落ち着いた色を選択と良いでしょう。

太めのベルトよりも細めのベルトを選択して女性らしさを演出しましょう。

ある程度自由に選択できる文字盤の色

文字盤の色もある程度選択肢が広いのが女性の就活用腕時計の特徴です。 男性は黒系や白系や青系でしたが、女性の場合は薄めのピンクなどもう少し華やかな色合いの時計を選択してもいでしょう。

NGな腕時計を避け就活を成功させよう

就活をする際に選んではいけない腕時計もあります。面接官は腕時計も見ている可能性があるので油断しないようにしましょう。

カラフルな腕時計

腕時計で採用の合否が決まるわけがない!と言う方もいるのですが、少しでも就活を成功させる確立を上げる為には必要なポイントなのではないでしょうか。

就活のフレッシュさを強調した腕時計を選択する

高級ブランドの腕時計は就活の場ではあまり好まれません。 これは面接官の嫉妬をかう、なんて理由ではなくて就活生のフレッシュさを感じられないからです。

また高級ブランドはクセの強いデザインが多く装飾も派手なケースがあるので、敬遠される傾向にあります。 腕時計はなるべくシンプルで万人に好まれるデザインにする事をおすすめします。

スーツにマッチした腕時計を選択

デジタル式の腕時計は就活の腕時計としてはふさわしくありません。

G-SHOCKなどに代表されるデジタルの腕時計はとても精密で正確な時計なのですが、スーツスタイルにはマッチしにくい時計となっています。

また、デジタルの腕時計はアウトドアや学生のイメージが強いのでビジネスの場ではあまり良い印象はあたえられません。

150403_jobhunting_suit2
就活のスーツ選びを成功させる5つのルール

プライベート色の強い時計はNG

就活の腕時計を選択するときはファッション性の強い腕時計はやめましょう。 腕時計を見た面接官に遊び感覚で就活をしているのだな、という印象を与えてしまうかもしれません。

特に色が派手な腕時計や装飾が過度に付いている腕時計は、面接官の目に付き易いので気をつけるようにしましょう。

メンズとレディースの区別をつける

女性が男性用の腕時計をしていることがありますが、就活の場ではよくありません。 腕時計が変に目立ってしまってスーツと合わない可能性があります。

面接官にもプライベートとビジネスの切り替えができない人だと思われる可能性もあるので注意が必要です。 メンズとレディースの区別は慣れないと難しい所があるので、腕時計を購入する際は店員に忘れずに確認しましょう。

スポンサーリンク