就活バッグの失敗しない選び方5つ

バッグは就活において最初から最後まで使うことになるアイテムです。どんなバッグが就活向きなのか、5つのポイントで紹介しますので選び方の参考にしてください。また、バッグの中に入れておくと便利な就活アイテムも一緒にお教えします。

就活バッグの失敗しない選び方5つ

失敗しない就活バッグの選び方を5つのポイントで確認!

就活と言えば、スーツやネクタイ、靴など身につけるものばかりに気を配ってしまいがちです。しかし実は、就活生の必須アイテムであるバッグ選びも、とても重要なのです。

スーツやネクタイなどと違ってバッグはデザインが相手に与える印象は少ないです。しかしその分、機能性が重要になってきます。テキトーに選んでしまうと就活中、中身がかさばってゴチャゴチャしてしまい、やきもきしてしまったり、重さが重すぎると、持っているだけで疲れてしまう可能性があります。バッグは就活中、常に持ち歩くものなので、できるだけ機能性重視の使いやすいものを選んだほうが良いでしょう。これから紹介する5つのポイントを押さえて選ぶと、きっと失敗しないはずです。参考にしてみてください。

Point1 「自立する」バッグであること

就活中は様々な場面でバッグを床に置くことが多くなります。そのため、自立可能なバッグであることが就活バッグの最も重要なポイントです。合同説明会や面接中、バッグが倒れるたび起こしていては効率が悪い印象を与えてしまいます。

自分で立ち上がるバッグ

自立するバッグであれば中身も見やすく、また、コートなどの上着も上に置きやすいです。就活バッグを選ぶときはまず真っ先に自立するタイプのものかどうか確かめましょう。また、なるべく軽い持ちやすいものを選んだほうが良いです。重さがあると、就活中持ち歩くだけで体力を消耗して疲れてしまいます。

Point2 デザインは黒のビジネスバッグであること

デザインは黒無地のビジネスバッグがベストです。たまにリュックサックという方もいますが、リュックサックは絶対にNGというわけではありません。最近ではスーツに合わせてデザインされてあるものもあるようです。でも、就活生においては基本が何よりも大事です。やはり、きちんとマナーを守っている印象を与えるビジネスバッグが良いでしょう。

メモを取りに必死な男性

メンズの場合、素材はナイロンやポリエステルといった軽くて丈夫なものが一般的で、レザー素材は年配の人が持つイメージのため、就活生にはあまりおすすめしません。また、大きなブランドロゴマークや派手なストライプといった柄が入ったものも、就活というシチュエーションにふさわしくないので控えましょう。光の加減によってストライプ柄が浮き出て見える、シャドウストライプ程度でしたら問題ないようです。

次にレディースです。デザイン、素材ともにほぼメンズと同じで、黒無地のナイロン系が基本。他の色としては茶色もありますが、やはり黒のほうがのぞましいでしょう。ただ、レディースの場合はデザインの自由度が少し広がります。派手すぎる柄やブランドものはNGですが、多少のストライプやレザー素材は許容してもらえるようです。また、メイク道具など、男性より女性のほうが荷物が多くなることから、肩に掛けられるトート型が主流です。肩が痛くならないよう、食い込みにくいものを選びましょう。

Point3 A4ファイルが入る大きさであること

合同説明会の資料やエントリーシートなど、就活に関係する書類はほとんどがA4サイズになります。なのでA4サイズの用紙がやっと入るような大きさでは心配です。厚みのあるA4サイズの封筒やA4サイズのファイルなどがスムーズに出し入れできて、折れ曲がったりしないような、余裕のある大きさを選びましょう。

150326_jobhunting-session2
就活の説明会で企業の注目を集めるマナー4つ

Point4 ポケットや仕切りでごちゃつき防止できるものであること

内側に多機能なポケットがいくつかついていたり、仕切りがあることでバッグの中身がゴチャゴチャにならず、きちんと整理できるため、出し入れがスムーズになります。バッグの中で紛れてしまいやすい文具や財布なども簡単に見つけることができて便利です。

何やら考え込む男性

就活生がバッグの中に入れておくべきものベスト5

就活をするうえで絶対にバッグの中に入れておいたほうがいいものはこちらになります。財布、携帯などは当たり前ですが、意外と忘れやすいのがボールペンなどの筆記用具と手帳です。何かメモする場面になった時、これらがないと困ります。忘れずに持っていきましょう。

就活生がバッグの中に入れておくべきもの

1.財布
2.携帯電話
3.ボールペン・筆箱
4.ハンカチ・ティッシュ
5.手帳

その他のものとして水筒・ペットボトル、会社案内などがありますが、最低でも上記の5つは必ず入れておきましょう。

入れておくと意外と便利なアイテム

また、入れておくと便利なアイテムと、その活用方法も紹介しておきます。

ボイスレコーダー

最近だと音楽プレーヤーに内蔵されている場合も多いです。面接時、録音しておくと面接時の自分の話し方の確認に役立ちます。

面接対策の問題集(ミニサイズのもの)

面接会場に向かう間、電車、バスに乗っている時など空き時間に復習、確認できるので持っていると便利です。

ストッキングの替え

女性にとっては必須アイテム。もし面接前に伝線してしまっても替えがあれば問題なし。

携帯靴クリーナー

就活では足元にもしっかり気を配りましょう。靴が汚れていると面接官に悪い印象を与えてしまいかねないので、汚れを見つけたらすぐ拭き取れるように持ち歩いていると便利です。

携帯の充電器

電車の時間や会場までの地図を調べるのに便利なスマホは今や就活生の必需品といえます。電池が切れたら困るので安心のために充電器を持っていくといいでしょう。

多層ポケットタイプのクリアファイル

合同説明会などで企業パンフレットを持ち帰ることも多いはず。たくさん持ち帰る時、これがあると綺麗に仕分けられます。

Point5 安価なものを求めるなら通販の利用がおすすめ

基本的に就活バッグはスーツを買った店で一緒に買うのが良いでしょう。その場合、1万円前後で販売されていることが多いです。もし値段的に厳しいようであればネット通販を利用するのもひとつの手です。通販なら4000円前後でも、「自立」できて且つ「A4ファイル収納」可能という、就活バッグの条件に合ったものが入手できます。安価でそこそこのクオリティーのものを購入できるのが通販の利点です。

なるほどと納得する男性

ただ、通販の場合、手に取って確認することができません。手元に届いてみて、「想像と違った」「使いにくい」という結果になることもあります。実際に手で持ってみないと重さも分からないし使いやすいかどうか分かりませんよね。ですから、なるべく通販ではなくお店で、直接目で見て、触れて、確認してから購入することをおすすめします。長く使うものだからこそ、慎重で、丁寧な吟味が必要なのです。

150515_job_hunting-goods2
就活グッズは内定の決め手!企業に好印象な就職活動の必需品

長く使うものだから自分に合った使いやすいバッグを

就活バッグは、就活のスタートから終わりまでずっと使うものです。ですから、選ぶ時は慎重に選びましょう。重すぎて肩が凝ってしまったり、使いにくいと後々苦労します。今回紹介した5つのポイントの中でも「黒無地」「自立」「A4ファイルが入ること」最低限この3つを押さえていれば就活バッグ選びに間違いはありません。ポイントをしっかり押さえて、自分に合った就活バッグを購入しましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ