Loading

最終面接で内定を勝ち取るための面接官の意図に沿った対策

最終面接は、その企業に入社できるか否かの最後の関門。面接官が役員であることも多く、適性や能力というよりも、社風に合うか、一緒に働きたいかといった部分を見られています。それだけに対策を講じることは大変重要です。最終面接における基本的な心構えや逆質問の仕方などを中心にお伝えします。

最終面接で内定を勝ち取るための面接官の意図に沿った対策

最終面接はこう臨む!合格率を上げる最終面接の対策

長い就職活動における最後の難関ともいえる最終面接。二次面接や三次面接ではあなたの能力や仕事への適性を見ることがほとんどですが、それを通過している時点で、あなたはその仕事をやる上で能力や適性が申し分ないということ。
最終面接では、それを踏まえて「社風に合うか」「あなたと一緒に働きたいか」「すぐに辞めたりはしないか」「ここで働きたい気持ちが強いか」など、あなたに入社してもらうメリットを企業は総合的に判断します。

二次や三次面接と大きく異なるのは、面接官が重視するポイントだけではありません。最終面接は前の面接より「社員として」あるいは「その人の人柄」がどうかという部分を見られているだけに、能力や適性などといった付け焼刃ではどうにもならないものよりも、はるかに対策が講じやすく、事前に準備をすることで合格率を上げやすい面接とも言えるのです。

最終面接と役員面接との違い

最終面接を行う社長

最終面接はその名の通り、最後の面接です。会社の規模が大きく採用人数も多いところでは、最終面接が役員面接(取締役・常務取締役・専務取締役など)である場合も多いようです。
選考の流れとして、役員面接の後に最終面接があるようでしたら、最終面接は社長であると考えていいでしょう。

どちらにせよ、役員面接や最終面接は、人事が実力や能力が申し分ないとして推している応募者について、責任ある立場の人間に「この人は我が社の社員としていかがですか」という伺いを立てる意味合いもあるのです。

最終面接の合格率は?落ちることはある?

最終面接まで進むと、それまでの選考が長ければ長いほど、気が緩んでしまいがちです。
バブルの頃なら、最終面接は実際には意思確認のみということもあったかもしれませんが、最近に限って言えばそうしたことはないようです。
最終面接とはいえ、役員や社長の直感で「何か気に入らない」と思われてしまえばそこで終わってしまいます。

最終面接で落とされる確率は30%~50%はあるとも言われています。役員以上の人間は、愛社精神も強いですから、会社やそこでの仕事に対して深い質問を投げかけてくるでしょう。
時には変化球を織り交ぜながら、その変化球を打ち返せるのか、つまりどんな状況においても自分の頭で考え語ることができるのかを見ようとするのです。

たまに、最終面接まではこぎつけるのに、最終面接でいつも不合格になってしまう人がいます。最終面接において落とされる理由は企業によっても違うので一概には言えませんが、一般的には企業研究が足りなかったり、自分の頭で考えた受け答えができていなかったり、役員や社長の経験から、採用は見送った方がいいと捉えられてしまったりと様々な原因があります。

150824_interview-dropdown2
最終面接で落ちる人の特徴と不採用フラグ

最終面接を通る人はこんな人

最終面接に挑む就活生

  • 会社を通じて自分がやりたい具体的なビジョンを語れる
  • 自分の頭で考えて会話ができる
  • 質問の意味を理解できる
  • 質問に対する答えが明確で、論理的
  • 志望動機が腑に落ちる
  • 会社への想いが伝わる
  • 企業理念に賛同している
  • 地頭が良い
  • 挑戦心がある
  • 人とは変わった感性を持つ人
  • 長期留学の経験
  • 人とは違う経験(学生起業やイベントなどの立ち上げなど)をしている
  • ベンチャー企業などでのインターン経験
  • ビジネスマナーを心得ている
  • 第一印象がよく愛嬌がある
  • 役員や社長の経験の中で「できる人間」像に当てはまる

以上のような特徴を持つ人が最終面接を通過する事が多いようです。

今後どの業界においても、業界の垣根を超えた統廃合が進むことが考えられます。そうしたことから、実現できるかどうかはともかく、会社を通じて「具体的」にやりたい仕事やアイディアを語れる人はどの業界においても求められています
ポイントとなるのは「具体的」であるということで、例えば「この会社でイノベーションを起こしたいと思います」というような発言は、あまりにも抽象的すぎて逆にマイナスになってしまいます。

やはり基本は会話を通して、受け身ではなく自分の頭で考える主体性や、会社の業務においてその能力を発揮できるかどうかを見ています。そして役員や社長面接において特徴的なのは、人とは違う経験や経歴、または感性などを持つ人も通りやすいようです。
平均的な人よりも、何か飛び抜けたもの、自分なりのアイディアを言葉にできる人に期待を寄せるのは、トップクラスならではと言えそうですね。

最終面接で落とされる人はこんな人

威圧的な姿勢で面接を受ける就活生

  • 就活本を丸暗記したような事を話す
  • 質問の意図が理解できない
  • 質問に対する答えの内容が浅く、ワンパターン
  • 論理的な話ができない
  • 志望動機が理解できない
  • 企業分析が甘く企業理念を深く理解できていない
  • 基本的なマナーがなっていない
  • 人として失礼な質問をする
  • 服装に清潔感がない
  • 役員や社長の経験の中で、採用すべきでない人材像に当てはまる

以上のような特徴を持つ人が最終面接において落とされてしまうようです。
学生ですと、そもそも社会人と話す機会というのは少ないでしょうし、自分が見定められているような状況の中で緊張せずにロジカルに話すことは一朝一夕には難しいかもしれません。緊張してしまうのは仕方ないとしても、いかに「その企業に対して考え抜くか」は誰にでもできることですから、最後まで気を抜かず対策をしておきたいことです。

最終面接や役員面接で聞かれる質問例

最終面接や役員面接では、それまでの面接よりもより深い内容について尋ねられます。どんな状況においても自分の言葉でしっかりと答えることができるように、想定される質問については事前にしっかりと考えておかなければなりません。以下に聞かれることが多い質問をまとめてみました。

  • あなたが入社したら、会社をどうしていきたいと思いますか?
  • 学生時代に打ち込んだことは仕事にどう生かされますか?
  • あなたが入社する会社のメリットは何ですか?
  • 当社が第一志望ですか?
  • 今選考が進んでいる企業は他にどんなところがありますか?
  • 同業の他社ではなく当社を希望する理由は何ですか?
  • 内定を出したら、受け入れてくれますか?

最終面接で評価が上がる逆質問、下がる逆質問

どこに行っても印象の良い就活生

最終面接に限らず面接において最後にある質問の時間。ここで「特にありません」と言えば会社に対する興味がないと思われても仕方ありません。かといって、質問の内容によっては評価を大きく覆してしまいかねない為、予め質問を考えておく必要があります。

150326_interview_reversequestion2
最終面接の逆質問は必要!?面接官の印象に残る質問の具体例

評価が上がる質問

自分の成長のためのポジティブな質問

→「仕事をしてきた中で、~さんがやりがいを感じた瞬間を教えて下さい」
→「入社するまでにやっておくべきことはどんなことがありますか?」

社会をより良くしたいと思っているがゆえの質問

→「(会社や業界について)これをこうしたら、もっといいと思うのですが、そうしないのはどういった理由からでしょうか」

熱意がある質問

→「入社したら、まずはどのような仕事を任せて頂けるのでしょうか」

評価を下げる質問

受け身のまま教えてもらおうとする質問

→「面接のフィードバックを下さい」

面接を受けている自分の立場を弁えていない質問

→「~さんはなぜ昇進したと思いますか」
→「~さんはこれから会社をどうしていきたいですか」

面接の場で話す必要のない抽象的な質問

→「これからの業界はどうなっていくと思いますか」

待遇面の質問

→「残業はどのくらいありますか」
→「休日出勤はありますか」
→「有給休暇の取得率はどの程度ですか」

最終面接後のお礼状やお礼メールについて

面接後にお礼メールを送る就活生

最終面接後のお礼状やお礼メールについて気にする方がいますが、基本的にそうしたものは必要ないと考えて問題ありません。
面接官は面接の場で公平に審査をしているため、何か伝えたいことがあればそれは全て面接の場で行うべきです。むしろ面接後にそうしたお礼状やメールを送ることが、人によっては「点数稼ぎ」と思われる場合もあるので注意しましょう。

150512_email-reply2
お祈りメールの返信マナー!こんな時は必要?不要?

最終面接を受ける前に

就活本によっては、面接においては「自分をいかにデキる人間に見せるか」が合格のカギであるように書かれているものもあります。しかし、中途採用ならともかく、一度もまともに働いたことのない学生に、何ができるというのでしょうか。
そもそも会社は学生が新卒で入社し、すぐに戦力になってくれると期待してはいません。それならば謙虚に学生時代の経験を語るべきです。

自分が自分が、と自分をアピールするだけでなく、会社、そして業界全体、社会全体に向けて、自分が社会の中でどんな役割が担えるのかという視点から、自分の学生時代に取り組んだことを踏まえてアピールすることが大切です。

スポンサーリンク