Loading

【就活生が知りたい】クールビズの正しい着こなし方

最近許可してくれる企業も増えてきているクールビズですが、実際どこまでの服装がクールビズの範囲なのでしょう?正しい着こなし方を見ていきましょう。

【就活生が知りたい】クールビズの正しい着こなし方

真夏の強い味方“クールビズ就活”解禁

これまでの就活スケジュールが変更になり、後ろ倒しの就活がスタートしました。これに伴い、学生たちは真夏の暑い時期がまさに面接試験本番ということになるでしょう。そんな中、経団連は「採用選考に関する指針」で定められた手引きでクールビズを許可する場合には事前に学生に知らせるよう企業に求めていました。

真夏のひまわり

数年前までは皆横並びでリクルートスーツが絶対でしたが、学生たちからクールビズを認めてほしいとの声も相次いでいました。時代の変化に伴い、就活の服装事情も新しくなっているようです。

どこまでOK?クールビズ

一言でクールビズといっても具体的にどの程度の軽装が良いのでしょうか。そもそもクールビズとは「地球温暖化を食い止めるためにクーラーの温度を28℃にして、暑さを凌ぐため夏の軽装を推進する」ことです。

夏の熱さに耐え切れない男性

簡単に言うと、ノーネクタイ・ノー上着で仕事をしましょう、という運動なのですが本当に就職活動をクールビズで行っても大丈夫なのでしょうか?「油断させておいて実は罠では…」と不安になる人も多いようです。

ですが、企業が「クールビズでお越しください」と事前に知らせてくれた場合にはネクタイと上着は着用しないほうが良さそうです。また面接会場で「上着を脱いでもよろしいですよ」と相手から言われた場合には、断ってしまうと融通が利かないと思われてしまうことがありますので勧められたら素直に脱ぎましょう。

ただ、いくらクールビズとはいえ、明らかにマナーや常識から逸脱している着こなしは絶対にNGです。

実際にどう着ればいいの?

男性の場合、基本的にはノーネクタイにノー上着がクールビズのスタイルですが、たとえクールビズ仕様でもシャツは長袖で色はが良いでしょう。ボタンは開けたとしても1つまでで留めておきましょう。腕捲りもしないようにしましょう。基本的なマナーは通常の面接時と変わりませんので清潔感が第一です。

わからない事がたくさんある女性

女性の場合、ネクタイの着用がないのでノー上着がクールビズということになります。念のためカーディガンやジャケットは持ち歩いておいたほうがいいでしょう。シャツは七分袖もしくは長袖のものが良いでしょう。男性と同様、半袖は先方にあまり良い印象を持たれません。また胸元が大きく開いていたりボタンの開けすぎでだらしなく見えるのもNGです。シャツの色もが無難です。派手な色は避けましょう。

インナーは黒のような濃い色だと透けてしまうので、淡い色を着用しましょう。 クールビズに限らず基本的なことですが襟元の黄ばみやシワなどにも注意しましょう。 Tゾーンの油浮きなど化粧くずれにも気を付けましょう。

150515_job_hunting-goods2
就活グッズは内定の決め手!企業に好印象な就職活動の必需品

クールビズでも基本は押さえて

たとえクールビズを認められていても企業側が服装チェックをしていないということではありませんので、前述している通り、基本的なことはしっかりと押さえて面接に臨みましょう。

清潔感のある男性社員

クールビズでいいと言われたから普段着のようなカジュアルな格好で行ったり、肌の露出の多い着こなしをして行ったりはしないようにしてください。 汗をかきやすい人は替えのシャツやインナーを持ち歩くようにしましょう。

クールビズの重要ポイント!

・男性も女性も相手に清潔感を与えられるような服装を心がける。

・外は暑くても室内は涼しいこともあるかもしれないので、特に女性は上着を持ち歩く。

・派手な色のシャツやインナーはNG

・シャツの襟の黄ばみやシワにも注意する

暑い夏本番での就活、熱中症に十分気を付けて、爽やかな笑顔で乗り切りましょう!

スポンサーリンク