転職準備で再就職を成功させる5つのコツ

働きながら就活をするのか、それとも会社を辞めてじっくり就活するのかで、転職準備は大きく変わってきます。どちらにしても、完璧な準備が転職の成功につながるのです。転職で失敗したくない!そんな人は必見の転職情報が満載です。

転職準備で再就職を成功させる5つのコツ

転職の成功は準備次第!再就職への道が広がる転職準備

面倒な転職などをせずに、一つの会社で長く働きたいと思っている人は多いはず。ところが、現状では2人に1人が転職を経験しているというデータが示す通り、転職する可能性は誰にでもあるといっていいでしょう。

最近はネットで求人情報をチェックすることが当たり前になっていることから、働きながら転職活動することはそれほど難しいことではありません。ところが、簡単に転職活動できることから、逆にしっかりと準備をしていないことが原因で、転職先が見つからず苦労する人も多いようです。転職準備ってどんなことをしておけばいいの?という人のために、ここでは転職の準備に必要なことについてご紹介します。

転職の準備でやっておくべき5つのこと

仕事中に転職準備を進める女性

「転職の準備といっても、具体的にどんなことが必要なのか分からない・・・」という人が、やっておくと再就職につながる転職準備を5つ紹介します。この中に、まだやっていないということがあれば、すぐにでも始めることをおすすめします。

1.就職活動にかかる時間とお金を準備しておく

お金が大好きな男性

転職活動で最も不安を感じることは、再就職するまでかかる期間やお金のことですよね。転職までの期間は、早く決まる人でも1か月はかかるものです。おおよそ転職には、3か月~半年はかかると見ておいた方がいいでしょう。企業には、業種によって繁忙期や閑散期があることから、繁忙期に入ってしまうと連絡が遅れたり、面接がだいぶ先に設定されることも。受ける企業の状況をしっかり把握しておく必要があります。

転職活動の中で、最もお金がかかるのが交通費でしょう。就職説明会に参加したり、就職試験を受けるための移動に必要な費用です。1度の移動にかかる電車代が週百円と少額でも、それが何社にも渡って往復の料金が発生するとなると意外とバカになりません。新幹線や飛行機などを使って遠距離を移動する場合は、さらに深刻。予算をしっかり立てておく必要があります。中には交通費が支給される企業があるので、受験する際に確認しておくと費用の節約につながります。

転職準備の重要ポイント1

会社をやめて転職活動に専念するなら、退職を見越した事前の貯金が必要です。1か月の生活費はどれくらいかかるのか?1社当たりの交通費はどれくらいかかるのか?など費用を細かく調査して、転職活動中にかかる金額をしっかり把握しておきましょう。

2.なぜ転職したいのか理由を明確にする

意見のハッキリしている女性

転職活動に必要な心の準備として、忘れてはいけないのが「転職理由を明らかにすること」です。この部分があやふやなまま転職活動を始めてしまうと、自分の望まない条件の会社を選んでしまったり、逆に好条件の会社を逃してしまうことにつながります。最終的に、なかなかいい求人が見つからないと、転職活動に対するモチベーションが保つことができなくなってしまうことも・・・。「今の職場が嫌だから」「他にもっといい仕事がありそう」といった漠然とした理由から、何となく転職しようとするのはかなり危険な行為だといえます。

転職準備の重要ポイント2

転職の理由は人それぞれ「人間関係」「給与が安い」「新しい事にチャレンジしたい」等ありますが、「○○がやりたい」「給与が○○万円ほしい」など、できるだけ具体的な理由をあげることが重要です。活動のモチベーションの維持にもつながり、あきらめずに根気よく活動することにつながります。

3.履歴書・職務経歴書などの必要書類を随時更新する

記入された履歴書

転職活動に必ずと言っていいほど必要なのが「履歴書」と「職務経歴書」です。履歴書は学歴や職歴を記載するもので、小さな違いはあれどたいていの書式が決まっています。そのため、一度書くことを決めてしまえば、それほど頻繁に内容を変える必要はありません。

それに対して過去の経験や成果を細かく記載する職務経歴書は、決まったフォーマットも無ければ書き方も自由という意外と悩ましい書類です。無難にまとめるのが難しい反面、書き方次第で高いクオリティに仕上げることができるのです。そのため、専門のWebサイト等を参考にして作り方を工夫することで、必ず企業担当者の心に響く質の高い職務経歴書を作ることができるはずです。

転職準備の重要ポイント3

職務経歴書を作る際、大きく分けて以下の2つの方法があります。1つめは、かなり簡潔に書き見やすさを重視する構成です。内容がシンプルなので、面接で経歴説明の際に補足を説明しなければならないというデメリットがあります。 さらに、もう1つは自分がやってきたことが全て細かく記入する方法。どちらが正解かは決まっていないので、あ自分が書きやすい方を選ぶとよいでしょう。

4.信頼できる転職エージェントを見つける

信頼の厚い転職エージェント

働きながら転職活動をしたい人におすすめなのが転職エージェントです。「人材バンク」「人材紹介会社」とも呼ばれる転職エージェントとは、求職者をサポートして企業との間を取り持つ斡旋業者。専門のスタッフが、求人情報の紹介や面接日の調整などの、面倒な転職活動をサポートしてくれるので、働きながら転職活動をする忙しい人にとって心強いパートナーになるはず。

基本的には、条件や希望の職種を担当するエージェントに伝え、条件に合う求人があれば連絡をもらえるという流れです。それだけではなく、企業との連絡のやり取りもしてくれるので、交渉ごとが苦手という人にもおすすめです。

転職準備の重要ポイント4

企業によっては求人サイトには掲載せず、転職エージェントにしか求人を出さない企業もあるので、複数のエージェントに登録すると耳よりな情報を得ることができます。

5.やりたいことを叶えるための資格取得をする

楽しく資格の勉強をする女性

転職活動には学歴や経験も大切ですが、持っている資格が物を言うという場合もあります。書類選考で落とされることを防ぐためにも、やりたいことが明確になっているなら、その仕事に必要な役立つ資格を取ることは大きなアピールポイントになります。また、未経験の業種へ転職する場合は、資格を取得することでやる気を企業に伝えることができます。

転職準備の重要ポイント5

資格の勉強と転職活動を並行して行うのは、体力的にも精神的にも大変。両立が難しいと感じる場合は、転職活動を始める前に、必要な資格を取得しておくとよいでしょう。

150325_companies_merit2
大企業に就職や転職をするメリット9選

転職準備の完璧度を診断する転職準備チェックリスト

転職ではどんなに完璧に準備をしてもし過ぎることはありません。ここで紹介するチェックリストを参考にして、何か足りないことはないか、常に意識しながら転職活動を進めましょう。

転職準備チェックリスト















あなたのCheckの数は0個です。

問1~6までは、個人に関係する項目です。特に借金やローンがある場合、再就職が長引くと返済に影響を与えるため注意が必要です。問7~9は現在勤務中の会社に関する項目です。問7・8が上手くいかなければ、円満な退職が難しくなります。また問9は、お世話になった方への挨拶のほか、「知り合いの企業でエンジニアを募集している」のような転職活動の必要な情報収集を目的としています。

具体的にいくつチェックがつけば、準備は完璧だということではありません。できるだけ多くの項目をチェックできるよう、しっかりと準備を進めておくことが大切です。

150515_no_work2
やりたい仕事がない人の適職の探し方

転職活動をスムーズに行えるかは活動前に決まる

慣れない転職活動をいざ始めると、「あれも準備しなきゃ」「これも準備しなきゃ」と頭が回らなくなることが往々にしてあります。そんな時には、やるべきことにプライオリティ(優先度)をつけて進めていくことをおすすめします。転職活動は焦ってカスを掴んでしまっては何の意味もありません。しっかりと準備をして、自分がこれだと思う企業に就職することこそが転職の成功といえるのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ