スーツに合うパンプスの選び方!色・ヒール高さ・種類は?

スーツに合わせるパンプスの選び方は?就活時期や社会人になるとフォーマルなスーツを着用する機会が増えます。パンプスの形や色選び、スーツに合わせたコーディネートについて知ることで、より魅力的にスーツを着こなしましょう。

スーツに合うパンプスの選び方!色・ヒール高さ・種類は?

スーツ用のパンプスを選ぶ際に気を付けたいこと

就活シーズン中や社会人になってからはスーツを着用する機会が増えていきます。スーツ専門店へ足を運べば全てが揃った就活セットが売られていますし、近頃は様々なアパレルブランドからもスーツラインが販売されています。

購入時にはどうしてもスーツばかりを重視して選んでしまいがちになりますが、スーツを着用する際に意外と見られているのが実は足元…パンプスです。
今回はスーツに合うパンプスの種類や色選びスーツの色に合わせたコーディネートの仕方について焦点を当てていきます。

スーツ用のパンプスは2種類

スーツ用のパンプスには、プレーンタイプのものとストラップ付きのタイプのものがあります。就活生や新入社員の多くはプレーンタイプのパンプスを選ぶ人が多いですが、この2つにはそれぞれ以下のような特徴があります。

プレーンタイプ

プレーンタイプパンプス

プレーンタイプは、一般的なヒールのある形のパンプスのことを表します。ベーシックな形が多く、就活専用やオフィス向けなど様々な種類があり、多くの就活生や新入社員、オフィスワーカーに人気のタイプです。

プレーンタイプは様々な店舗に売っているため手に入れやすく、なおかつ一般的なものなので人事や上司、取引先など、相手に悪い印象を与えることがありません。ヒールを履き慣れている人は、プレーンタイプのパンプスを選ぶと良いでしょう。

ストラップ付きのタイプ

ストラップ付きのタイプ

普段からスニーカーのようなフラットな靴ばかりを履いている人にとって、いきなりヒールのあるパンプスを履くとなると厳しいものがあります。しかし、ストラップ付きのパンプスであれば足全体が固定されるため安定しやすく、疲れにくいという利点があります。

ストラップ付きのタイプは、普段はフラットなタイプの靴しか履いていない人におすすめです。ヒール靴に慣れていない人は無理をしてプレーンを選ばず、ストラップ付きのパンプスを選ぶと良いでしょう。

スーツ用のパンプスの色選びのポイント

スーツを着用した時のヒールは、何色を選ぶのがベストなのでしょうか。自分の立場や場所、場面によって、パンプスの色選びのポイントは異なります。ここでは一般的なパンプスの色選びの方法についてご紹介します。

1 鉄板色を選ぶ

スーツ用のパンプスを選ぶ時の色選びのポイントは、鉄板色を選ぶことです。就活や採用試験などのフォーマルな場におけるパンプスの鉄板カラーはずばり「黒」です。あらゆるシーンや様々な業界に対応できる万能色になるので、1~2足は持っておくと便利です。

2 企業の雰囲気に合わせた色を選ぶ

アパレル会社やベンチャー系企業、デザインや広告系のクリエイティブな会社の場合は、濃い目の紺色や茶色で足元に遊びを入れるのもおすすめです。おしゃれやセンス、アイデアを大切にする企業風土であれば、他の人と差をつけるという意味で黒以外の色を選ぶとよいでしょう。

スーツの色に合わせたパンプスの色選びのコツ

スーツには黒以外にも様々な色のスーツがあります。万能色である「黒」のパンプスで全て揃えることも良いですが、スーツの色によってパンプスの色を変えておしゃれを楽しむこともできます。持っているスーツの色を確認して、これから揃えるべきパンプスの色を選ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1 黒スーツの場合

黒スーツの女性のパンプスを履いた足元

黒スーツの場合、スーツの印象が全体的にシックに見えるため、パンプスの色も黒で合わせると全体の統一感が出るのでおすすめです。さらにこだわる方は、黒のパンプスでも素材や質感を重視すると、他の黒スーツの人よりも洗練されたおしゃれ感で差をつけることができます。

おすすめの素材・質感は革やエナメルです。厳粛な場では光沢感の強いエナメルは不向きですが、それ以外の場ではオールマイティーに使えます。

2 グレースーツの場合

明るい印象を与えるグレースーツの場合は、全体の統一感やまとまりを考えて、足元を引き締める効果のある黒、もしくはスーツと同系色のグレーを合わせると良いでしょう。

女性の場合、グレースーツはラフな印象に見えるため、パンプスやインナー、バッグなどは黒にすると落ち着いた雰囲気を作ることができます。

3 ネイビースーツの場合

ベージュのパンプス

ネイビースーツの場合、女性だと比較的黒に近い色のため、合わせるパンプスの色を黒にする方が多いです。しかし実はネイビースーツは万能で、様々な色のパンプスを合わせることができます。

特におすすめなのがベージュや白のパンプスです。黒スーツだと足元だけが浮いてしまいがちになり、グレースーツでは締め色がないためカジュアル感が強くなってしまいがちなのですが、ネイビースーツの場合だと全体的にまとまりが出ます。オフィスで仕事中に履くのであれば、白やベージュを選ぶとより色選びの選択の幅が広がります。

ただし、就活などの場でネイビーのスーツを着用する場合は、先述の通り黒のパンプスを履くのが基本的なマナーであると心得ましょう。

スーツ用パンプスのヒールの高さは?

スーツでパンプスを履く場合、おしゃれさやスタイルの良さをアピールすることも時と場合によっては必要になるかもしれませんが、一番重視したいのは「歩きやすさ」です。ここでは、スーツの時に履くパンプスのおすすめのヒールの高さについてご説明します。

就活生の場合

太目ののヒールのパンプス

就活生の場合、1日の間でたくさん歩くことが予想されます。そのため、スタイルが良く見えるなどの個人的な気持ちで選ぶのではなく、歩きやすさや疲れにくさを重視して選ぶことが大切です。
スーツ用パンプスのヒールの高さは、就活生の場合であれば3~5cm程度がおすすめです。ヒールの形もピンピールは避け、太めで安定感のあるものを選ぶようにしましょう。

オフィススタイルの場合

オフィスで履く場合はヒール靴も履き慣れているはずなので、就活の時よりも多少高さがあっても問題ありません。最もスタイルが良く見え、歩きやすいヒールの高さである7cmくらいがおすすめです。
7cm以上になるとヒールが高すぎて足に角度がつくため歩きにくく、疲れやすくなってしまいます。

その他スーツ用のパンプスを選ぶ時のポイント

スーツ用のパンプスを選ぶ時は、ヒールの高さ以外にも選ぶポイントがあります。ここでは、女性がスーツに合うパンプスを選ぶ場合、特に重視してほしい3つのポイントについてご説明します。

1 つま先の形に注意する

パンプスには以下のように様々なつま先の形があります。

パンプスのつま先の形の種類

  • アーモンドトゥ・・・アーモンドのような形をしたつま先の形
  • ラウンドトゥ・・・丸みのあるつま先の形
  • ポインテッドトゥ・・・つま先部分がとがっておりシャープなつま先の形
  • スクエアトゥ・・・つま先部分を横にカットしたような角ばったつま先の形
  • オープントゥ・・・つま先部分がないもの

アーモンドトゥ

パンプスのつま先の形は、丸みを帯びているアーモンドトゥかラウンドトゥを選ぶようにしましょう。女性らしく優しい印象を与えることができます。

反対に、スクエアトゥのように角ばった形や、ポインテッドトゥのような先が細すぎる形はキツイ印象に見えてしまうので、特に就活生は避けた方が良いでしょう。オープントゥの靴も就活シーンではふさわしくありませんので避けてください。

オフィスで履く場合は、あえて先の細いタイプのものを選ぶことで全体的にシャープな印象を与えることもできますが、スーツに合わせるのであれば一般的なのはアーモンドトゥやラウンドトゥです。

2 きちんと試着をする

パンプスを購入する時は必ず試着をするようにしましょう。いつも履いている靴と同じサイズだからと言って、履き心地が全く同じというわけではありません。しっかり足にフィットするか、痛いところはないか、脱げやすくなっていないかなど、実際に履いてみてしっかりチェックしてください。

しかし、ただ単に履いただけでは本当の履き心地はわかりません。パンプスを試着したまま一度店内を歩かせてもらいましょう。3分くらい店内を歩き回るとだいたい自分に合っているのかいないのかがわかります。歩いてみて気になるところがないかをしっかり確かめた上で購入すると、より自分の足に合ったパンプスを選ぶことができます。

また、試着をする時間帯は夕方がおすすめです。夕方は一番足がむくんでいる時間帯のため、その時間帯に選ぶと1日履いても痛くならない、ちょうどいい余裕のあるパンプスを選ぶことができます。

3 最低2足は持っておく

1足だけではすぐに履き潰してしまう可能性がありますので、パンプスは最低でも2足は持っておくようにしましょう。特に就活中は歩く機会が多いものです。2足揃えて1日おきに履き替えると、パンプスが長持ちするのでおすすめです。

重要なのは歩きやすく疲れにくいものを選ぶこと

スーツ用のパンプスを選ぶ時は、就活で使うのかオフィスで使うのか、プライベートで使うのかなど、用途によって選び方が変わります。

就活用のパンプスの場合は、スーツに合わせてパンプスの色も鉄板カラーである黒を選ぶと失敗が少なくなります。企業風土によっては他の色でも問題ないところはありますが、採用担当者の感じ方もそれぞれですので、無難に黒を選ぶことをおすすめします。
オフィスで使うパンプスにおいても、着用するスーツの色に合わせて色を選ぶとより洗練された着こなしができます。

堅い職業ではない限りは、スーツとパンプスの色合わせの仕方によって他の人と差をつけ、スーツのおしゃれを楽しむことができます。とはいえ、スーツ用のパンプスで最も重要なのは「歩きやすさ」「疲れにくさ」です。しっかりと試着をして、自分の足のサイズに合うものを選ぶようにしましょう。

jobhunting-stockingcolor-icatch
就活のストッキングに黒はNG?選び方のマナーと伝線対策
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ