ブライダル業界の志望動機の書き方ポイントと参考例文3つ

ブライダル業界の志望動機の書き方のポイントとは?ブライダル業界には様々な職種があります。ウエディングプランナーなどそれぞれの職種の仕事内容や必須スキルをしっかり理解し、過去の経験を織り交ぜることによって、自分だけの魅力あふれる志望動機を書くことができます。

ブライダル業界の志望動機の書き方ポイントと参考例文3つ

ブライダル業界の志望動機の書き方は?

華やかで幸せな仕事をしているイメージを持たれやすいブライダル業界。毎日のように多くの人が挙式・披露宴を行う一連の流れをサポートすることで、人生においてかけがえのない1日を一緒に過ごすことができます。そのような様々な職種の人が関わっているブライダル業界に就職するためにはどうすれば良いのでしょうか。

今回はウエディングプランナーやブライダルスタイリスト、ヘアメイクアーティストなど、職種ごとに必要なスキルをお伝えしながら、ブライダル業界の志望動機の書き方のコツに焦点を当てていきます。

ブライダル業界ってどんなところ?

新婦に結婚式の説明をするウエディングプランナー

ブライダル業界は、一言でいうと幸せづくりのサポートをする業界です。お客様によって異なる様々な希望や要望を最大限叶えるための努力をし、人生最高の1日と言ってもらえるような挙式・披露宴づくりを行うために様々な職種の人々が尽力します。

人生の中でも「最高の晴れ舞台」と言われることが多い結婚式。一生に一度と決め、その日1日を最高に美しく、そして人生最高に輝いた幸せな日にするべく、新郎新婦やそのご家族はあらゆる方法を考えます。しかし、やはり自分たちで考えるには限度があります。そのような時に、お客様の幸せづくりのサポートをするのがブライダル業界で働く人たちなのです。

ブライダル業界を支えるさまざまな職種

ブライダル業界には様々な職種があります。サービス内容や運営形態、施設ごとに内容が異なる場合もありますが、ここでは3つの職種を紹介します。

1 ウエディングプランナー

ウエディングプランナーは、結婚式当日の主役である新郎新婦を最高に輝かせ、列席者も含め、参列して下さったすべての方々に満足していただくための挙式・披露宴をつくり上げるプロフェッショナルです。挙式・披露宴に必要な衣装・料理・ウエディングケーキ・花・引き出物・挙式スタイルなど、様々なことを新郎新婦の予算や希望を伺いながら決めていきます。

詳細なプランが決まると、挙式・披露宴に必要となる会場や衣装、料理、花などあらゆるものを手配します。中には、式当日が近づいてきた場合にリハーサルを行うところもあり、全ての準備を整え、最終チェックをした上で当日を迎えます。

当日は、関連する各部署に指示をし、必要であれば打ち合わせを行い、万全な状態で新郎新婦とそのご家族、列席者の方々をお迎えします。

weddingplanner-work-icatch
ウエディングプランナーの仕事内容は営業も?体験談9選

2 ブライダルスタイリスト

新婦のメイクをするブライダルスタイリスト

新郎新婦が挙式・披露宴当日に最高に輝くことができるよう、衣装やヘアメイク、アクセサリーなどをトータルでコーディネートする仕事です。特に女性の場合は「ウエディングドレスを選ぶ」という最大のイベントがあります。数多くあるウエディングドレスの中から、希望や予算に合わせたドレス選びのアドバイスを行います。

新婦をより美しく、最高に輝かせるために、ドレスやヘアメイク、アクセサリー以外にブーケの選定などを行うこともあります。挙式スタイルによって様々なパターンの提案を行うため、ウエディングプランナーとの打ち合わせも重要な仕事のひとつです。

3 ヘアメイクアーティスト

人生で最大の晴れ舞台ともいえる挙式・披露宴では、女性なら誰もが「最高に美しくなりたい」と願うはずです。その願いを叶えるサポートをするのがヘアメイクアーティストの仕事です。ブライダル業界で働くので、洋装だけではなく和装にも対応する必要があります。そのため、一般的な美容師とは異なる専門知識を身につける必要があります。

挙式・披露宴・お色直し・写真撮影など、結婚式では1組のお客様だけでたくさんのシーンがあります。そのため、それぞれシーンに合わせたヘアメイクにする必要があります。

新婦の好みももちろん大切にしなければなりませんが、列席者から「どのように見えているのか」もきちんと考えた上でヘアメイクの提案をすることが非常に大切です。全体のバランスを考えながら、誰から見ても、どこから見ても最高に美しい新婦を作り上げるところが最大の腕の見せ所となります。

ブライダル業界で求められる人物像

ブライダル業界で働く人に求められている3つの人物像

ブライダル業界は華やかで憧れを持つ方も多い業界です。志望動機を練る際には、求められている人物像をしっかりと理解することが重要です。

1 「人の役に立ちたい」という気持ちが強い

ブライダルの仕事は、お客様(新郎新婦・ご家族・列席者)に最高の喜びと感動、幸せを感じてもらうために最大限のサポートを行います。そのため、大切なのは「人の役に立ちたい」という気持ちを持っていることです。

2 全てを「自分の幸せ」のように思える

挙式・披露宴は「お客様のもの」であり、自分のものではありません。そのため、お客様(他人)の幸せを自分の幸せのように感じることができるかがポイントです。最高の晴れ舞台をつくるためのサポートをすることに対してやりがいを見出すことができるかどうかが重要となります。

3 柔軟性・対応力がある

近年、ウエディングに関するニーズが多様化してきています。そのため、様々な希望や要望に対応できる柔軟性や対応力が必要となってきています。時代の変化とともに、ブライダル業界もあらゆるニーズを汲み取り、対応できるよう日々情報や知識をインプットすることが大切です。

ブライダル業界で正社員を希望する場合の志望動機

ブライダル業界で働くためには採用試験を受ける必要があります。その時に重要となるのが「志望動機」です。
「なぜブライダル業界で働きたいのか」「なぜこの企業(応募先)」でなければならないのか、など注意して考えなければならない項目がいくつもあります。ここでは、正社員を希望する人が志望動機を書く際に押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

1 結論から書く

志望動機を書くとき、最も重要となるのは書き出しです。

企業が知りたいのは「応募の理由」となります。自分の経歴やきっかけは後回しで良いのです。そのため、志望動機を書く際は必ず「結論から書く」ことを意識しましょう。

ビジネスの場において、文章を結論から書くということは常識となっています。志望動機を書く際の最も一般的な書き出しは「私が貴社を志望(希望)するのは~」といった形です。オリジナリティーを加えるのではなく、一般的な例に倣って書くと良いでしょう。

2 入念な自己分析から適性をアピールする

志望動機を書く際に大切なことは、ブライダル業界についてしっかりと理解しているかはもちろんですが、きちんと自己分析ができていることも重要なポイントです。

ブライダル業界はとても華やかで素敵な仕事が多いように見えますが、もちろん辛く苦しいこともあります。そのギャップに耐え切れずに辞めてしまう人も多く、人事(採用)は志望動機について厳しく見る傾向にあります。そのような中で、ブライダル業界の理想と現実のギャップをきちんと理解していること、自分がこの業界・職種に向いていることをしっかりアピールすることが大切なのです。

3 説得力を高めるエピソードを盛り込む

志望動機を書く際、人事(採用)にしっかりと響く内容にする必要があります。そのような志望動機にするために入れると良い内容が下記の3つです。

  • なぜブライダル業界を目指したのか
  • 数あるブライダル業界の企業の中で、なぜひとつの会社(応募先)を選んだのか
  • 将来、自分はどのようなプランナー(目指す職業)になりたいのか

この3つを軸に考えるようにすると、説得力のある響く志望動機を書くことができます。

また、綺麗な言葉だけを選んで志望動機を書いてしまうと、どうしても「表面上だけ」と受け取られてしまうこともあります。そのような事態を避けるために、志望動機の中に入れるとおすすめなのが過去のエピソードです。ブライダル業界を目指すきっかけとなった、自分だけのオリジナルエピソードがある場合は必ず入れるようにしましょう。

ブライダル業界で非正規雇用を希望する場合の志望動機

ブライダル業界における非正規雇用を希望する際の志望動機で重要なポイント

ブライダル業界で働く方法としては、正社員以外にもパートやアルバイトとして働くことも可能です。この場合の志望動機は、正社員の場合と若干異なってきます。パート・アルバイトでブライダル業界を目指す方は、以下の内容を参考にして考えると良いでしょう。

1 仕事に責任を持つことをアピールする

パート・アルバイトとしてブライダル業界に入ったとしても、お客様にとっては一切関係のないことです。人生の中にある最高の晴れ舞台、幸せづくりのためのサポートをする責任は雇用形態に関わらず発生しているということを忘れてはいけません。

「パート・アルバイトだから」という甘い気持ちを持ったまま採用試験に臨むと合格することは非常に厳しいです。ブライダル業界に必要な「人の役に立ちたい」「お客様(他人)の幸せを喜ぶことができる」といった基本的な思いはしっかりと持つようにしましょう。

2 なぜ非正規雇用を選んだのか理由を明確にする

正社員とパート・アルバイトでの志望動機の違いは、「なぜパート・アルバイトを選んだのか」というところ。様々な事情でパート・アルバイトを選ばざるを得なかった場合もあるでしょう。

その場合は話せる範囲で事情を説明し、「だから(それでも)、ブライダル業界で働きたい」という熱意を伝えることが重要です。あえてパート・アルバイトを選んだ場合は、この雇用形態の中で働いた経験を今後の人生にどのように活かしていきたいかと話すと説得力が増します。
また、なぜブライダル業界でなければならないのかについても話せるとより良いでしょう。

未経験でブライダル業界で働く場合の志望動機

ブライダル業界を目指す方の中には、未経験から新たに挑戦をしたいと考えている方も多いでしょう。

ブライダル企業間の転職の場合の志望動機は比較的考えやすいですが、異業種からの挑戦となると少々難しくなります。ここでは、未経験からでもブライダル業界に挑戦するための志望動機のポイントについて解説します。

1 今後に活かせる過去の経歴をアピールする

未経験で応募する場合の最大のポイントは「過去の経歴をどう活かせるのか」ということ。前職までに得た経験を、ブライダル業界を目指す理由や熱意にうまくつなぐことができるかどうかが重要です。

人事としては、あえて未経験の職種・業種に挑戦をする理由を聞きたいので、そこを上手につなぎ合わせて伝えると良いでしょう。

2 即戦力としてのイメージを持たせる

企業としては、やはり即戦力になる人材が欲しいというのが本音です。転職でブライダル業界を目指すのであれば、理由や熱意と合わせて、過去(前職)のエピソードを交えて伝えることで、より実勢に働いた時のイメージが湧きやすく、即戦力としての人材と見てもらえる可能性が高くなります。

ブライダル業界の志望動機3パターン

結婚式場で新婦のドレスを手入れをするウエディングプランナー

ブライダル業界での就職を希望する方が、応募書類や面接で使える志望動機の例文を職種ごとにご紹介します。なかなか志望動機がうまくまとまらない方は、以下の例文を参考にして、自分のオリジナルエピソードを加えた志望動機を考えてみてください。

ウエディングプランナーの場合

私が貴社を志望する理由は、お客様にとって人生最高の晴れ舞台、そして新たな人生の幕開けとなる1日のサポートをしたいと思ったからです。

私は学生時代にホテルで接客のアルバイトをしていました。その時、結婚式の配膳に関わることもしばしばあり、その度に幸せそうな新郎新婦やそのご家族、列席者の方々の笑顔を見て、とても感動していました。この経験で、いつか私も人を笑顔にできる仕事がしたいと、そして人生で最高に輝くことができる日をつくり上げるサポートがしたいと強く思うようになり、ブライダル業界を目指すきっかけとなりました。

貴社は、ウエディングサービスだけではなく、レストラン経営や旅行業もされていることから、総合的な目線で、お客様により最適なプランでサポートができると思い志望致しました。1人でも多くの「人生最高に輝ける1日」をつくるため日々勉強し、誰もが笑顔になれる挙式・披露宴づくりができるウエディングプランナーを目指し、貴社のメンバーの1人として責任を持って活躍したいと強く思っています。

ブライダルスタイリストの場合

私が貴社を志望する理由は、お客様に幸せを感じて頂き、最高の笑顔がこぼれるような仕事に就きたいと考え、特に人生の中においても特別な1日になるであろう結婚式という素晴らしい日に着る大切な衣装を取り扱うブライダルスタイリストとして、多くの女性のサポートをしたいと思い志望致しました。

私がブライダル業界を志望するきっかけとなったのが、姉の結婚式でした。姉はもともと優柔不断なところがあり、あらゆるものに関してなかなか決めきることができないでいました。そのため、ドレス選びにも毎回時間がかかっていました。そんな時、姉に誘われて私もドレスを一緒に選ぶお手伝いをした経験があります。限られた時間、空間の中で姉の詳細な希望を聞き、優柔不断な姉に嫌な顔ひとつせずに、いつでも親身になって相談に乗っているスタッフの方の姿に憧れていました。

そして式当日にスタイリストの方と一緒に選んだドレスを着て、本当に幸せそうな笑顔を浮かべる姉の姿が今でも忘れられず、私も様々な人の笑顔をつくることができる仕事をしたいと思っています。

貴社ではウエディングドレスのほか、和装も多く取り揃えられています。様々なデザインの衣装の中から、お客様に最もふさわしい最高の1着を一緒に探すスタイリストになりたいと考え、志望いたしました。

新婦に髪飾りをつけるブライダルスタイリスト

ヘアメイクアーティストの場合

私が貴社を志望する理由は、人生で最も輝くことができる幸せな日を、最高の美しさで迎えることができるようサポートしたいと考えたからです。特に、人生の中でも特別な日と位置づけられている結婚式のヘアメイクに挑戦し、より多くの方々の幸せな時間を、さらに素晴らしい1日にしたいと強く思い志望致しました。

結婚式では、式以外にも写真撮影があり、当日は記念撮影もたくさんあります。その日を一番納得のいく、最高に美しく見えるヘアメイクで臨むために、事前の打ち合わせをしっかりと行い、お客様の気持ちに寄り添えるようなヘアメイクになりたいと思っています。

貴社は、洋装にも和装にも幅広く対応されており、様々な角度からお客様をより美しくさせるためのサービスを数多く行っています。私自身もよりお客様を美しくさせるため、あらゆる視点から提案を行いたいと考え、貴社を志望致しました。

ブライダル業界の志望動機を練る前にはリサーチが必須

近年様々なニーズが増えたことにより、ブライダル業界ではお客様の希望や要望を叶えるための柔軟性や対応力が必要とされています。ホテルウエディングやレストランウエディング、ゲストハウスウエディング、リゾートウエディングなど多種多様になってきているため、それぞれの場所や方法によって仕事内容も異なってきます。

ブライダル業界を支えている職種は数多くありますが、その中でもウエディングプランナー、ブライダルスタイリスト、ヘアメイクアーティストの3つは特に志望する方が多く、業界でも重要視されています。

挙式・披露宴を行うお客様に最も近い役割を担い、式のすべてを一手に任されているため責任は重大です。しかしその分やりがいも大きく、多くの人の幸せを見守り見届けることができます。ブライダル業界の志望動機を考える際には、しっかりと職種ごとの特徴を理解しておくことが大切です。

150521_motivationletter_interview2
志望動機を面接で話すときのポイント&NGワード
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ