Loading

圧迫面接の対処法は企業の意図を知ること!圧迫面接突破マニュアル

企業の面接方法の一つ、圧迫面接は就職活動中の方には恐怖の対象です。企業の意図をいち早く察知して上手く対応しましょう。質問例などを参考にした圧迫面接の対策マニュアルです。圧迫面接なんて恐れる事はなくなる対処法を紹介します。

圧迫面接の対処法は企業の意図を知ること!圧迫面接突破マニュアル

企業の意図や質問の例を参考にして圧迫面接に対処しよう!

圧迫面接というのを知っていますか?就職活動中の大学生が恐怖に怯える圧迫面接とはどのようなもので、何故このような面接をするのでしょうか。企業の意図や実際に起こった質問の例などを参考にして圧迫面接の対処法を探っていきましょう。

精神的に追い込まれる恐怖の面接!

圧迫面接を知らない方に説明しましょう。

圧迫面接とは企業が行う就職試験の一つで、面接の場であえて答えにくい質問をされる、意地悪な事を言われる、など精神的に圧迫される面接方法の総称です。

ストレスで波打ち際に打ち上げられた男性

面接官に無視され、罵られるケースもあるので大学生の就職活動では恐怖の対象となっています。ある企業では15対1で面接し、ボロボロにされて帰ってくる学生がいたほど精神的にハードな面接です。

では何故は圧迫面接をするのか、企業の意図を紹介します。

企業側の意図を知る事でストレスを軽減させよう!

今はスマートフォンなどが普及した情報社会です。TwitterやFacebookなどに代表される情報共有が可能なSNSと呼ばれるソーシャルネットワークも大学生の間では当たり前のツールとなっています。

企業の情報がすぐさま拡散される時代に何故、圧迫面接をするのでしょうか。

就活生のストレス耐性チェック

就活生のストレス耐性を確かめています。入社後に辞められると困るのは企業なので、試験の段階でそのリスクを減少させる意図があります。その為にストレスを受けるのは迷惑な話なのですが、企業側の抱える問題も理解し寛大な心を持ちましょう。

受け答えでコミュニケーション力をチェック

圧迫面接で見られる答えにくい質問はその人のコミュニケーション能力を試す意図があります。あえて答えにくい質問をして、その人がどのような切り返しをするのかを見ています。

本当の人間性をチェック

精神的に追い込まれたときに本当の人間性がでます。企業はその人間性を見たいが為に圧迫面接を採用しています。圧迫面接に耐え切れず怒ったり泣いたりすると企業の思うツボなので、ひたすら耐えましょう。

困難に直面した際の対応力

困難に直面した時どのような対応をとるのかを計る事が企業の意図です。これから社会人の一員となり数多くの困難に遭うことになるでしょう。上手く対応が出来るかどうか、圧迫面接を通じて見られています。

優しい気持ちになったレトリバー

企業にはこのような意図があり採用後のリスクを軽減させているのです。 就職活動中の学生の方にはストレスに感じる圧迫面接ですが、企業の意図が理解できると少しだけ許せる気持ちになれるでしょう。

圧迫面接の質問例を知って対処する!

具体的な質問の例を知って圧迫面接に備えましょう。 事前に頭に入れておく事で、いち早く圧迫面接と判断できるでしょう。 代表的な圧迫面接の質問例を紹介します。

面接官に無視される男性

興味がない、素っ気無い対応をされる

面接中に無視をされる、質問に答えているのに反応がない、など面接官のリアクションが不自然で興味がない様子が見られたら圧迫面接の可能性が高いです。これは圧迫面接だと判断して気にせず冷静に受け答えしましょう。

精神的圧迫で気を散らされる

視覚的に圧迫してくるパターンです。面接官が無言でひたすらタイピングをしているので気が散ると思いますが、この面接官はパソコン依存症なのだなーと思い込みましょう。

返答を全て否定される

返答に対して全て否定で返してくる面接官がいる場合も圧迫面接に多いパターンです。反抗的な回答は避けて、一旦全て受け入れましょう。その後に否定に対して改善策を答えるなど対応力が試されます。上手くきり返して面接官を黙り込ませましょう。

まくし立てるような質問責め

一つの返答に対して攻め立てるように幾つも追加で質問してくる場合も圧迫面接でしょう。一つ一つ落ち着いて返答することで対応できるでしょう。このタイプの面接官は揚げ足を取るのも得意なのでなるべく短めに答える事で上手く乗り切れるでしょう。

あえて答えにくい質問をする

答えにくい質問は答えなくても問題ありません。しかし黙ってしまうと面接官にドヤ顔されるので、答えられない理由を付け加える事で対処する事ができます。答えるというより質問を受け流す感覚で答えると上手く行くでしょう。

150326_interview_reversequestion2
最終面接の逆質問は必要!?面接官の印象に残る質問の具体例

面接官もただのサラリーマン!

面接官も趣味で圧迫面接をしている訳ではありません。会社からの命令でやりたくもない圧迫面接に手を貸しているのです。

昼休みにさびしくブランコに乗る男性

毎日サービス残業で、家に帰っても居場所がない、休日は上司や取引先と接待ゴルフ、ただのしがないサラリーマンなのでしょう。 そう思うことで圧迫面接の恨みも少なくなると思います。

就職活動の面接が圧迫面接だったからと言って落ち込まないでください。ストレスを溜め込まずに、圧迫面接は一つの笑い話として、就職活動を成功させるために次の面接に進みましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ