アルバイト面接で好印象な服装や見た目の作り方

就活の面接ではスーツ着用と決まっていますが、アルバイトの場合は高校生やフリーターや主婦の方も応募されますし、体力勝負の仕事や服が汚れる仕事の応募にスーツは場違いですよね。面接官から好印象を持ってもらえる面接時の服装についてのポイントをご紹介しています。

アルバイト面接で好印象な服装や見た目の作り方

アルバイト採用は「見た目」で9割決まる

就職活動でもそうなのですが、アルバイトの面接でも一番重要なのが「第一印象」。もちろんアイコンタクトやお辞儀の仕方、声の印象も大切なのですが、やはり面接会場に入る際、ドアを開けて最初に目につくのが服装ですよね。

しかし、就職の面接とは違い、職種も様々で、立場も高校生や主婦の方も応募されるので、すべてスーツでOKとも言い難いのも事実です。

そこで、自分が応募しようとしている職種や職場の雰囲気に合わせて、「この人と一緒に働きたい」と感じてもらえる服装について解説します。

基本の「面接スタイル」はベーシックな服装で

アルバイトの面接で一番大切なのは、第一印象で「清潔感」「まじめ」「常識的」であることが伝わることです。さらに面接時の服装で何を見るのかといえば、「この人が職場で既存のメンバーと一緒に働けるか」「職場の雰囲気にとけこめるか」という協調性を確認しています。服装を選ぶポイントとしては「誰からも好感が持てる」スタイルであることです。

ラフな格好で面接に向かう男性

基本はカジュアル&ベーシックなスタイルで、男性なら襟付きシャツにパンツ、女性なら無地のシャツかブラウス、上着はシンプルなジャケットかニット、それに短すぎない程度のスカートかパンツスタイルが無難です。

逆に選んではいけない服装は「だらしなく見える」「派手」「肌の露出が多い」もの。常識的な人ではないのではないか、人の話をちゃんと聞いてくれないのではないか、という印象を持たれます。先方の募集要項に「普段着のままで大丈夫」「服装自由」と書いてあっても、働く場合での服装であって、面接時の服装ではありません。「きちんとしている」ように見える服装を心がけましょう。

高校生のアルバイト面接は制服でOK

高校生の場合、フォーマルな場面では制服を着ていくと良いでしょう。たとえばお葬式の場合、夏服が黒以外でも制服であれば正装とみなされます。高校生の応募が可能なアルバイト先であれば、どんな職種でも制服で面接を受けることができます

バイトをするかどうか悩む女性

しかし、その制服が着崩れていたり、明らかに校則に合わないリフォームを施していたりすると厳しくチェックされます。またアルバイト禁止の学校に通っている場合、制服で面接を受けに行くこと自体がNGでしょう。どうしてもアルバイトをしたい場合は学校から許可をいただいてから応募しましょう。

先に紹介したカジュアル&ベーシックスタイルであれば、高校生でも主婦でも大丈夫ですよ。

150629_parttimejob-phone2
アルバイト応募先からの電話対応4つのテク

面接時にジーンズを履いていっても大丈夫?

大学生やフリーターでは、サービス業を掛け持ちしてアルバイトしている人も多いですよね。居酒屋などの飲食を提供するサービスや、屋外サービスなどで働いている人はジーンズをはいている人をよく見かけます。しかし、「ジーンズで勤務OK」と募集要項に書いてあっても、面接時にジーンズをはいていくのは避けましょう。基本はカジュアル&ベーシックなスタイルが望ましいです。

私服がジーンズばかりの男性

でも、決してすべての職種にジーンズがダメとも限りません。体力勝負で服も汚れやすい仕事や、外での作業が多く従業員もスーツを着用していない仕事などの場合はリクルートスーツやパンプスで面接に行くと違和感があります。

こういった現場仕事の場合、面接会場が現場近くに場所を借りていることも多いので、事前に下見に行くか、電話で問い合わせて面接での服装について聞いてみましょう。確認しておくことによって、面接時の服装だけで不採用になることを避けられます。

150628_parttimejob-recommended2
初アルバイトにおすすめの精神的に楽な仕事4つ

コンビニやファミレスへの面接は「清潔感」がポイント

コンビニエンスストアやファミリーレストランでは、直接お客様とやり取りする場面が多く、「見た目」に非常に気を使う仕事でもあります。接客業のアルバイトは相対的に人気がありますが、お客様と接することに加えて食品を扱うことも多いので「清潔感」も厳しくチェックされます。

ラーメンとアイスを同時に食べる男性

仕事柄、動きやすい服でも問題はありませんが、あまりブカブカな上着などは避けましょう。シャツやブラウスは衿に折り目がついていないか確認し、アイロンをかけてシワのないようにしておきます。靴も汚れがないように磨いたものを履き、華美なアクセサリーは外しておいた方が賢明です。

夏は汗臭さをおさえるために香水をつけたりデオドラントスプレーをつけたりしますが、どちらもNGです。服装もですが、髪もきちんと顔を出すように整え、爪先も短めに揃えておきましょう。

150623_parttimejob-interview2
アルバイトの面接を受かるための6つの対策

服装以外の「見た目」も大切です

アルバイト面接時の服装についてご紹介しましたが、いかがでしたか?服装をきちんとしていても、他の部分の印象が悪ければ採用につながりません。たとえば、面接会場に入室したときに、面接官とアイコンタクトを取る、微笑むことや、背筋をまっすぐにしてお辞儀をする、ハキハキと話すなどを見られています

座った時に足を組むくせがあったり、面接官からみて目が合わず、ぼーっとしているように見えたりすると「落ち着きのない人」「こちらの話をちゃんと聞けない人」という印象を与えてしまいます。

服装をちゃんと整えて、面接会場でさっそうと「失礼します」とドアを開けて、ハリのある声であいさつをすると「第一印象」がぐっと良くなります。そして「第一印象」が良ければ、面接で多少言葉に詰まっても、最初の好印象が評価され採用につながります。きちんと準備をして、面接に臨みましょうね!

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ