就活の面接で好印象を与える6つの方法

企業の面接には多くのマナーがあり、入室などをうまくこなせると企業の評価も高くなります。自己PRもオリジナルのものを用意して早めに対策する事でしっかりしたPRが出来るので面接官にも好印象を与えられるでしょう。

就活の面接で好印象を与える6つの方法

就活を成功させるカギは面接にあり!

就活を成功させるのに必ず通る道が面接で、時にはテストより重要な試験です。 紹介する面接官に好印象を与える対策を覚えておく事で面接を有利に進める事ができるでしょう。

1.面接は基本マナーをシッカリこなそう!

面接のマナーはその人の性格や言動をテストする試験の一つです。 ここでしっかりとした基本的なマナーを守る事ができれば企業に良い印象をアピールする事ができるでしょう。

しっかりこなす事をアピールする男性

全て基本的な事ばかりなので個々の説明は省きますが、このマナーを守れていない人が多くいるので必ず覚えておく必要があります。 頭で覚えると緊張で忘れる事も多いので体で覚える為に反復練習をするのがおすすめです。

基本マナーは全ての応募者が必ず対策してくるので面接を受ける上で必須のマナーになります。

2.面接日の到着時間は最初の関門!

面接時に見られる意外と知られていない事。それは面接前の到着時間です。

これは採用後に会社員として時間をキッチリと守れるかどうかや社会人として気が利く人なのかどうかの確認を兼ねている場合が多いです。 約束の到着時間よりも1時間も早く着くようでは企業側が準備にバタついてしまい気が利かない人だと印象づけられてしまいます。遅刻は論外なので遅れる場合は企業に必ず連絡しましょう。

遅刻した人を待っている男性

一番無難な到着時間は面接開始15分前です。それは交通機関で遅れがあった場合でも取り返しがつく時間で、受付から開始までも余裕をもって望める時間だからです。 それでも心配な場合は早めに面接会場近くに到着して面接時間まで待機しておく事で丁度良い時間を到着する事ができます。

到着時間を心配する事が無くなれば心にも余裕ができリラックスして面接試験に臨める事でしょう。

3.第一印象で面接試験を突破!

メラビアンの法則というのをご存知でしょうか。 これは人が受ける第一印象を割合で示している法則で、

  • 7%は話す内容
  • 38%は声の印象
  • 55%は見た目の印象

となっています。 この法則は面接試験でとても有効な法則と言われています。 注目する項目は見た目の印象で、初対面の人の印象は半分以上見た目で決まる事になります。 飲食やサービスの業界ではなおさら重要視される項目なのではないでしょうか。

面接試験当日は早めに起床する事で見た目も気分もスッキリするでしょう。 清潔な髪型を心がけ、スーツもピシッと決める事で面接官に好印象を与えられます。 面接中はほどよい笑顔も爽やかな印象を与えるので効果的です。

見た目が与える第一印象はとても重要なので覚えておいて損はありません。

150529_interview_shortcoming2
面接での短所の答え方!前向きな返答例

4.面接の受け答えは“空気”を大切に!

人と会話をする時に話しやすい人とそうでない人がいます。 それはお互いの会話の間や空気感が合うか合わないかにより決まってきます。 この空気感をうまく感じる事ができれば採用率が大きくアップするでしょう。

空間が多いオフィス風景

具体的にはどうすれば良いのか。 それは面接官との会話のペースを合わせる事です。心理学ではミラーリングと言われる方法で相手の仕草や空気感を合わせる事で自分と似ていると印象付ける事ができます。

なるべくテンポ良く面接官と受け答えする事を心がけると良いイメージを与える事ができるでしょう。

5.早口厳禁!余裕を持った返答を!

余裕を持った男

早口な方やせっかちな方は注意する事があります。 面接中の受け答えは早口で喋る事はやめましょう。

早口で喋ると相手に、余裕のない人だと思われ自己中心的で協調性がない悪い印象を与えてしまいます。 相手の質問の最中に食い気味で回答するのも悪い印象しか残らないでしょう。

余裕をもってどっしりと構えて回答する事が面接時にもっとも良いイメージを与える方法と言えます。 自己満足な自己PRもNG! 長々とした自己PRも良い印象を与えません。

自己PRは自分の事を相手に伝える大事な機会なので長い文章を暗記して話す方も多いですが、あまり長いと話が脱線するケースがあり、気持ちも伝わりにくい為、結局何を言いたいのか伝わらない場合があります。

相手に伝わらなければ当然アピールにはならないので全く意味の無いものになってしまうので出来るだけは要点を絞って簡潔に答えましょう。

150609_interview-question2
面接の質問を事前準備で突破する方法

6.面接後のお礼はメールでスマートに!

面接後のお礼は企業にとって良い印象しかありません。 応募者の1割程度しかお礼はしないと言われているのでここで他のライバルと差を付ける事ができます。

面接で握手を求める男性

お礼の手段は電話や手紙などの方法がありますが、ここはスマートにメールでお礼をしましょう。 企業にとっても電話は時間が取られる、手紙は少し重たく感じるケースもあるので時間を気にせず確認できるメールが一番効率的な方法です。

内容は長く書けば良いものではなくて、相手に伝えたい文章を簡潔に書く事が重要です。 そうする事によって気遣いや心遣いなども表現する事ができるでしょう。

150617_interview-thankyouemail2
面接後のお礼メールの必要性と書き方の例文

応募した全ての企業にお礼をするというのは時間的にも難しい事があるので、第一志望のここぞという企業には効果的ではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ