面接時間が短いのは落ちたから?採用に繋がりやすい答え方

面接時間が短い事に悩む就活生や転職希望の方も多いですが、早々と落ちたのではないかと不安視するのは早合点かもしれません。面接時間の長さ短さにこだわる前に知っておきたい採用に繋がりやすい面接での答え方をご紹介します。

面接時間が短いのは落ちたから?採用に繋がりやすい答え方

面接時間の長い短いは合否に関係があるの?

面接時間の長い短いは、合否に関係はありません。面接時間をあらかじめ設定する理由は、それなりの人数を面接する場合、就活生の遅刻や、呼び出しミスなどのトラブルが発生する確率が高くなるので、時間の余裕をつくっておきたいからです。

ここでは、面接時間が短くなる理由と採用試験の合否への影響をご紹介します。まだ面接の結果連絡も届いていないのに、面接時間の短さを理由に「ダメだったかも…」と落ち込んでもしかたがありません。それよりも、採用試験に合格するようしっかりと準備を整えることを考えましょう。

面接が短いのは気になるところだけを質問するから

面接の質にこだわる就活生

面接時間が短い理由は、新卒の就活生なら大きなマイナス要素がないので質問そのものが少なく、すぐに終わるからです。転職で中途採用を目指している方なら、書類選考を通って人柄を見る段階に来ています。採用の見込みがあるならいろいろ聞かれるに違いないと思いがちですが、たくさん聞かなくてもすでに会社側が採用をほぼ決めている場合は、気になるところだけを質問するでしょう。

一方、反対のケースも同じです。百戦錬磨の面接官は、知りたいポイントをおさえてそこを集中して質問するのです。面接時間が長かったから興味を持ってもらえたと思うのは拙速でしょう。面接を受ける時は、面接時間の長い短いのを気にするよりも、常に全力で取り組むよう心がけてください。

170217_jobhunting-question2
就活の質問・逆質問で面接官に熱意を伝える自己アピール方法

面接時間が長かったり短かったりするのはなぜ?

話が盛り上がり面接時間が長引く就活生

面接時間が短い事が、合否に影響がないことが分かりました。大切なのは、面接官の質問にきちんと答えられていたかということと、面接官があなたの回答にどう反応したかということです。面接時間が長いまたは短い理由は、4つのケースが考えられます。

面接官が不合格とするのに抵抗がある

面接官が不合格の判定をするのに心理的抵抗を感じて、面接時間が引き伸ばされる事がまず一つ目です。「採用できないな」と思っていても、何かいいところはないかと探してみたくなるのです。「不合格にするには惜しい」という思いが少しでもある場合も同じです。面接官も人間、負の決定をためらう人も多いのです。

面接官がしゃべりたがる

二つ目は、面接官側のやり方や性格、そして資質の要因です。あらかじめたくさんの質問を用意しておいて、順番に全部質問するので時間がかかってしまう面接官や、受験者より自分が多くしゃべってしまって時間がかかる面接官もいます。こうした場合は、受験者側から見て、ある程度分かるでしょう。

面接官が判断に迷う

第三に、面接官がなかなか判断できない場合です。新卒の2次面接の時の経験談ですが、面接官だった私は、この人は、ちょっとボーっとした人なのかというのが最初の印象でした。でも、話しているうちに、「この人には何かある。もうちょっと掘り下げて聞いてみたい。」と思えるようになりました。

私と一緒にやっていたもう一人の面接官も同じように感じていたようです。彼の過去のエピソードから、彼の本質を探り出そうと、気づくと二人で必死になっていました。結局、その面接は予定時間の倍くらいかかりましたが、こういう事は滅多にありません。

面接を受ける側にコミュニケーション力が足りない

最後は、面接を受ける側のコミュニケーション力に問題がある場合、「自己PR」「学生時代に力を入れたこと」などで相手の興味を全く引けなかった場合、一問一答のような形で終わってしまい、面接の時間が短くなってしまう時があります。「経歴的には合格だ。だけど、人柄を見てみたい」という目的で面接が設定されている場合、人柄に問題がないとわかれば、「合格」となり、面接が短く終わります。

どのような会話のパターンが採用に繋がるのか

採用面接を簡潔に済ませる面接官

面接を受ける時は、面接官に好印象を与えるハキハキとした答え方を目指しましょう。ここでは、採用に繋がりやすい代表的な質問の答え方をご紹介します。

自己紹介をお願いします

ポイントは、前向きかつ意欲の高さを印象付ける様に話すことです。

□□□□と申します。前職は、WEBデザイナーとして社内コンペで3回優勝し、その実力を認められて大手飲料メーカーの新発売の飲料のホームページ作成を担当しました。今後は、様々なブランドのホームページを担当したいと思い、海外ブランドと提携されていらっしゃる御社に応募させていただきました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

将来のキャリアプランはありますか?

自分が企業で活躍しているイメージを、分かりやすく伝えることがポイントです。

現在はWEBデザイナーとしての経験を積み、その後は前職で培った英語力と交渉力を生かし、海外ブランドのWEBディレクターを目指して行きたいです。御社の海外への進出プランに、微力ながらも貢献したいと思っていますのでよろしくお願いします。

他に応募している会社はありますか?

他の会社を受けていないという返答は、逆に不自然だと感じる用担当者もいます。今、面接を受けているこの会社が第一志望であることを強くアピールしましょう。

現在、WEBデザイナーの経験を生かすことができ、ディレターへのステップアップのために、他に5社ほど受けております。御社は海外ブランドや外資系企業との提携を積極的に進めているとメディアで拝見しておりますので、第一志望とさせていただいております。

新卒採用で面接試験を突破するコツ

面接突破のコツを確認する就活生

一次、二次面接では、次の面接官(役員や取締役の人達)と会わせても問題ない実力、人柄であるかどうかを見られていますが、最終面接は志望者をどんどん落とす場です。ここまで進んだら熱意が物を言います

入社してからのキャリアをどうしたいかを、自分なりに考えて説明した上で第一志望である事を伝えましょう。そのためにも、事前にその企業理念や社員のブログを調べておいて、そこで志望動機を改めて思い直して、質問を考えておきましょう。

また、面接官も採用を担当して長年の経験があるベテランの方が多いので、それまでの経験からある程度の判断基準に合う人だったら、短い面接時間で合否の判断をつけていることもあるでしょう。

企業が求める経験や資格などをある程度満たしていたら、一次面接は簡単に済ませて、最終面接で決めたいと考えている場合もあるかもしれません。一方、面接官がただ話し好きなだけだったりする場合や、応募者が少なくて、その分だけ時間に余裕があって質問も多くなることもあります。

自分の会社に合うのかどうかわからない場合、長い時間をかけていろいろ質問をしてくる場合も考えられます。面接官は、自分がしゃべっている間もしっかり話を聞いているかを見ていますよ。

例えば、とても話が長い学生で、一つ質問するごとに時間が取られ、面接官が聞きたい事を聞き終わるのに想定よりも面接時間が長くなってしまうというケース。実際に私が面接した学生の中にも「1分で自己紹介をしてください」と伝えたのに、5分以上一人で演説のように話し続けた人もいました。余談にはなりますが、これはもちろん、「話が長すぎて要点を得ない受け答え」という判断をされてしまいます。

面接官が仕事の内容や職種に向けての意気込みなどを語っていたのが原因で長くなってしまった場合は、一般的に面接を通過しているパターンが多いです。逆に、自己アピールや質問の返答で自分自身が時間を延ばしてしまった場合、内容次第では良くない印象を与えてしまっている場合が多いと考えられます。

質問に答える時は、質問の意図を正しく理解し、要点をまとめて端的に伝えることがポイントです。面接官の心証を損なわないよう気を付けましょう。

150609_interview-question2
面接の質問を事前準備で突破する方法

中途採用で面接試験と突破するコツ

中途採用の面接へ向かう女性

中途入社の方の場合、実力と人柄は勿論見られていますが、持っているというだけではスルーされてしまう事が多々あります。その持っている経験と資格をその会社でどのように役立てられるのかを、口頭で伝えられるようにしておきましょう。また、退職理由は前向きな理由を伝えられるように準備をしてください。

一番よくある合格フラグは、「次のスケジュールを聞かれる」ことです。具体的には次回の面接の日時や内容、最終面接であれば初出勤の日時などがわかりやすい合格フラグと言えるでしょう。

そして稀なケースですが、面接官からお酒の誘いがある場合もあります。この場合、ほぼ合格とみて間違いありません。興味を持たれてなさそうな言動があったら、採用基準に満たなかった可能性が高いと思ったほうがいいでしょう。

一見感触がいいように見えても、あっさり不合格になる「だましサイン」である場合もあるので要注意です。具体的には「君と一緒に働きたい」というような肯定的な言葉や、雑談なども含めて面接で話が盛り上がっているケースがあります。

なぜ不合格者に対して肯定的な言葉をかけるのかと言えば、一番多い理由が「面接後に顧客になる可能性」です。ほぼ合格と思っていても、たった一言の失言でひっくり返ることもあるのが面接です。常に全力で面接に取り組むよう心がけましょう。

170224_interview-point2
面接のコツは?新卒・中途採用を確実にする面接対策

面接時間が短いのは面接官がもどかしさを感じていないから

面接官にとって自分がどういう人物かがよく見えていない、または面接官の質問に的確に答えられない場合にはダラダラと面接が長引く場合がありますが、そういうもどかしさを感じなかったら、面接はすぐに終わります。

面接が行われた時間の長さだけで採用不採用を推し量るのは間違いです。採用不採用の分かれ道は、面接時間の長さではないのです。面接官が好感触を得たかそうでなかったかは、行われた面接でのやり取りを思い返せばすぐに判断できるでしょう。

面接時間が短いのは悪いサインではない

面接時間が短いのは決して悪いサインではありません。面接官の方が素早く合否を判断した、担当した取締役などの役員の方がそれほど面接に時間を割けなかったなどといっただけととらえましょう。すぐに気持ちを切り替え、しっかり実力を出せるように万全を期して次の面接に臨むようにしてください。

終わってしまった面接を「落ちたかもしれない」というように必要以上に気にしても仕方がありません。大事なのはその面接の「内容」です。結果を気にしても、結果が変わるわけではないのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ