Loading

一般常識を楽々クリア!就職試験の正しい知識

一般常識テストは就職試験の一つで採用の合否を決める試験の一つです。試験範囲がとても広く苦手な方も多いでしょう。中でも時事問題は応募する企業によって様々なので効率よく知識を吸収して正しい方法でシッカリ対策しましょう。

一般常識を楽々クリア!就職試験の正しい知識

一般常識テストに必要なのは正しい知識とリラックス!

一般常識のテストは出題範囲が広く対策には非常に時間がかかるので少しでもムダを省く事を心がけましょう。本番で実力を出す為には一般常識テストを正しく理解してリラックスする事も重要な試験対策になるでしょう。

一般常識テストとは何かを理解しよう!

知ろうとする男性

一般常識テストとは企業が応募者を採用する際の選考基準に使用されるペーパーテストの事です。 基本的には応募者の学力や思考力や判断力、一般教養などを問うテストなのですが企業によりその内容は大きく異なるので直前まで十分な対策ができないケースが多いです。 応募する企業の性格を理解し正しい対策をして効率良く一般常識テストをクリアしましょう。

専門の参考書で対策を!

参考書の本棚

インターネットで検索すると多くの一般常識テストの試験対策が出てきます。しかしネットの情報よりも参考書を買って読むほうが効果的です。

理由はインターネットの場合、情報量が膨大で正しい情報かどうかの判断が非常に難しいという事です。多くの時間を費やして、もし正しくない情報を頭に入れた場合、時間のムダになってしまいます。必要のない情報や関係ない記事に惑わされ、ただ時間を浪費してしまうケースも多い為おすすめできません。

参考書の場合手元にあるので移動中や待ち時間などの合間にもすぐに読む事ができるので時間を有効に使う事ができ効率的に勉強ができます。 また参考書には必要な情報が全て詰まっているので、集中して試験対策を練る事ができます。 できれば2冊用意して違った視点からの対策法も頭に入れておくとイレギュラーな問題にも対応できます。

また一般常識の出題範囲は多岐に渡るので専門の参考書のほうが時間の節約にもなります。正しい情報で正しい対策をするのが効率的に一般常識テストを対策には重要です。

150630_employment-inspection2
就職で適性検査を受ける意味や内容

ニュースや新聞を見て時事問題の対策を!

新聞とアヒル

一般常識テストで出題される時事問題は苦手な人も多いはずです。 難しい用語や普段聞きなれない言葉も多く出てくる分野なので理解するだけでも苦労するかも知れません。

時事問題の対策をどうすれば良いのか。答えは簡単で毎日ニュースや新聞を読む事です。 覚えると言うよりは頭に入れる程度で良いのでとにかく毎日かかさずに情報を入れる事が対策に繋がります。 テレビの情報番組やバラエティ番組も情報の宝庫なので普段より話題やトレンドを意識する事で様々な情報を取り入れる事ができるでしょう。

採用試験まで時間が少ない場合は、応募する企業と関連するニュースを優先的に集めるのも良いでしょう。 時事問題は情報量が多ければ多いほど試験に有利になるのでインターネットで新聞社の過去のニュースから最新のニュースを読み漁るのも効果的です。

急な対策が難しい分野なので毎日ニュースをチェックする習慣を付けるのをオススメします。

書く事が重要!日記を付ける習慣を!

日記をテェックする女性

インターネットやスマートフォンの普及で漢字が書けない方が増えています。

何故書けないか、普段目にしていても実際に手で書く機会が減っているので書けないのです。 例えば、一般常識のテストの回答が長文の場合、全てひらがなだと見た目にも採用担当者に好印象を与えるのは難しいでしょう。 制限時間があるテストですらすらと字が書ける事は時間を有効に使うには重要な事です。

また書く事により読む力もアップします。テストで必ず出題されると言ってもよい漢字や四字述語の の読み問題は漢字を書いてないと簡単に解くのは難しいでしょう。 逆に普段から漢字を書いている方には対策する必要もないラッキーな問題になります。

普段から漢字で書く事を意識して日記やメモをとる事で効率よく対策ができ、試験本番でも考える事なくかっこいい回答ができるでしょう。

150323_employmentexam1_268×151
SPIの疑問と対策!就職試験で有利になる5つ知識

リラックスして一般常識テストに望みましょう!

リラックスする女性

採用の合否に関わる一般常識テストですが、実は難しい問題は出題されません。 出題範囲が広い為難しく見えるだけなのです。

多くの問題は小学校から中学校程度の難易度で、これは一般常識テストには応募者の学力を試す目的があまりないからです。

では採用する企業は何故一般常識のテストをするのか。 それは応募者の基礎的な学力や知識を確認する事なのです。 企業側としても最低限の採用基準に達しているかの確認なので、採用者をここで大きく振るいにかける事はしないようです。

一般常識のテストは元々頭の中の入っている知識が多いので思いだす感覚で対策し、企業側の意図を理解すればリラックスして問題を解く事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ