Loading

書類選考を通過する期間と不採用になる期間

書類選考をしている期間により通過か、または不採用かがきまります。一般的には期間が短い場合は通過、期間が長い場合は不採用とされています。では何故そのように期間が長くなるのでしょうか。理由や事情を解説します。また期間が長すぎる場合問い合わせても良いのか、日数計算の方法も紹介します。

書類選考を通過する期間と不採用になる期間

書類選考の採用と不採用の期間のラインを解説

新卒の採用試験や転職の採用試験を受けるとき、書類選考がある場合は合否の連絡がくるまでどきどきして不安な気持ちになることがあります。パートやアルバイトでも同じことが言えますが第一志望の会社の書類選考ほど緊張感のあることはありません。

今日も連絡がこない、明日は連絡がくるだろうか、いっそのこと会社に問い合わせようかなと考える方もいるでしょう。書類選考が長く合否の連絡がこないときの採用、不採用の一般的なラインを解説します。

採用の場合は不採用時と比較して短い期間で連絡がくる

書類選考を通過した場合、中小会社では一般的に当日から1週間以内、大手会社では一般的に1週間から2週間ほどで採用の連絡があります。中小会社と大手会社では、大手会社のほうが書類選考に時間が掛かる傾向があります。

書類選考が通過して喜ぶ男性

それは会社規模が大きく人事担当者の数も多いため、書類を見る人数分の時間が掛かることになります。また大手会社では応募者の人数も中小会社と比較して多いケースが殆どです。そのため時間が掛かり、結果的に書類選考に要する期間が長くなるということになります。

書類選考の期間は曖昧で、あくまで「一般的に」としか言うことがきません。それは中小会社、大手会社の括りの他にも様々な理由があるからです。会社の方針や応募要項の違いなど理由は多岐にわたります。例えば

  • 応募者の数が多いため選考に時間が掛かっている
  • 人事担当者が不在、もしくは忙しいため選考に時間が掛かっている
  • 会社の方針で選考期間を開けて応募者に連絡するようにしている
  • 何ヶ月か先の募集のため応募者が締め切られていない状態
  • 会社や人事担当者が休暇中

選考が通過しているも関わらず連絡が来ないのはこのような理由があります。しかし一般的には書類選考を通過している場合は不採用のときと比較して連絡が早くくる傾向となります。慌てずに書類選考の結果を待ちましょう。

不採用の場合は期間が長くなる

書類選考の結果、不採用となるときは、採用時と比較して期間が長くなります。それは後回しにされているなどの理由もあります。あまり良いことではありませんが、1ヶ月後に不採用通知が来た、半年後に不採用通知が来た、酷い例では不採用通知すら来なかった、など様々な例があります。

不採用通知が来て呆然とする男性

では何故このように不採用の場合は連絡が遅いのでしょうか。

  • 採用者の対応に忙しいため不採用通知は後回しにされている
  • 複数の応募者を比較した結果不採用にされた
  • 人事担当者が検討しているフリをするため期間を遅らせた
  • 不採用者の人数が多いためまとめて通知を出すようしている

このように不採用通知が遅いのには理由があります。しかし書類選考の期間が長いからといって全てが不採用とは限りません。大手会社の場合や、あえて通過の連絡を遅らせている会社の可能性もあります。

150520_careerchange_preparation2
転職準備で再就職を成功させる5つのコツ

合否の問い合わせは特別な理由がない限りしない

採用試験を受けた会社から合否の連絡が来ないと不安になります。しかしここで焦って会社に「書類選考の結果はまだですか?」と問い合わせるのは辞めましょう。会社にも都合があります。問い合わせた結果「では不採用です」と言われたケースもあるほどなので気長に待つようにしましょう。

問い合わせするかどうか悩むカップル

会社に問い合わせしても特に問題がないのは書類選考に通過した後の面接の結果です。しかし面接結果についても企業の都合に合わせたほうが人事担当者の心象は良くなります。できる限り気長待つことが大切です。

150619_rirekisho-jobhunting2
【就活の履歴書】初めての就活のための履歴書の書き方

日数計算は会社の営業日で数える

書類選考を受け、結果を待つ期間は休日を除いた会社の営業日で計算しましょう。例えば週休2日の会社に応募した場合は月曜日から金曜日までの5日間と翌週の月曜日と火曜日の2日間で1週間と計算します。土曜日と日曜日を入れた1週間ではないことに注意しましょう。

ワンポイントアドバイスをくれる小学生

日数の計算はカレンダーで計算してしまう方が多いので冷静に考えるとまだ1週間もたっていない、なんてことも多々あります。しかし営業日で計算した結果、「もう1週間経った!どうしよう!」と焦る必要もありません。それであれば焦る気持ちを抑えて堂々した気持ちで結果を待つほうが精神的にも楽でしょう。

150326_jobhunting_idphoto2
就活の証明写真のポイント7つ

書類選考の期間はリラックスして気長に待とう

就職試験の書類選考はとても長く感じます。それは採用か不採用か心配しているからです。しかし合否は応募した会社にしかわからないため余計な心配とも言えます。それならば短い期間かもしれませんが、仕事に追われない自由な時間をリラックスして謳歌したほうが有意義な時間を過ごせるでしょう。不採用なら次の会社の採用試験を受けよう!と考え方をポジティブにすることが大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ